シンクティップ自作

マルタ狙いで使ったシンクティップもボロボロでしたので
久しぶりに作り足しました。

自作シンクティップのスペックは
フローティングライン先端に接続する
40~60センチほどのスーパーヘビーなヘッドです。

速い瀬の流芯の底にすばやく入るような使い方を想定しています。
管理釣堀で使う場合は、魚の棚が底すれすれの場合ぐらいですかね。
他の用途ではあまり出番無いのですが・・・

材料
ルアーのアシストフックを作ったりするダイニーマ
※芯線を抜いて使用するタイプのもの
f0321433_22032898.jpg
とか強化チューブとか
f0321433_22032884.jpg
あとは糸錘
f0321433_22032837.jpg
錘をダイニーマや強化チューブに通します。
スルスルは入らないですが、チマチマやれば入っていきます。
f0321433_22032811.jpg
そんでもって両端は、ループ処理してループの根元をシュリンクパイプで補強する

f0321433_22032808.jpg
完成です
f0321433_22032885.jpg

今までは、フライのブレイテッドラインを使用したりしていましたが、
編みこみが粗いものでした。
比較的編みこみが細かいこれらの方が、中の錘が飛び出しにくいです。
今後の課題は、中の錘とチューブをより一体化させたい部分ですね。
ダイニーマは熱に弱いですが、熱するとやや溶けて溶着する感じになりますが
強度面で少し不安になります。
なにか良い方法があればいいのですが。










[PR]
by keirokulog-16 | 2015-03-29 22:19 | OTHER | Comments(0)