フィッシュグリップ改造の歴史

しばらくログが更新されていませんが
数年前にフィールドで出会った方とのつながりの記事を復活

私が初めて買ったフィッシュグリップ
今でこそ値段や形はいろいろ選べるけども
昔は選択肢はそれほど無かったですよね
これは当時1000円ぐらいで買ったものです。
f0321433_22215039.jpg

ハイエンドモデルには手が出せないので、いじりました

その①
材料(EVAパイプ+コルクリング+HDDの軸のリング)
f0321433_22241453.jpg

グリップの質感をアップしてみたり
f0321433_22260107.jpg


そして、フィールドで出会った方のコレにインスパイアされて

その2(限界まで短く軽くする編)


全てばらす
f0321433_22324954.jpg


穴の位置で切断
f0321433_22330095.jpg


穴を新たに空け直す
f0321433_22330422.jpg

パイプも切断しちゃうよ
f0321433_22331286.jpg

バネも切断。
HDDの軸リングをセットして組み付けたところ
パイプに穴をあけるのは電動工具でないと、
ちとシンドイです
f0321433_22331922.jpg


いらない不用品(これぐらい軽量化できましたよ)
f0321433_22333650.jpg

ほい、完成
持ち手にはEVAで短さはここらが限界と思います
f0321433_22333025.jpg

その③(優しさをプラス)

オリジナルは力が強く魚を傷めるので
わざと遊びを作ってみたり
f0321433_22335418.jpg

グローブつけてみたりやっています。
(グローブは生臭いニオイに耐え切れず後日撤去)
f0321433_22335759.jpg



でもね
ずいぶん前からメインはコレになってしまった
結局、軽さではコレにはかないませんね。

釣るための道具では無いので、そうそう買えませんからね
水没したりして無くしたくないので
ステンレスリングとステンレスカラビナをつけたら
かなり重くなりましたけど気にするほどではないですよ。
ポイントは無くしたくない思いからの
カラビナの開口部をビニールテープを巻いて完全に閉じているところ

別売りのアシストグリップは使った事ありませんが
ステンレスリングも握りやすさの向上になりますのでお勧めです
f0321433_22461381.jpg



最近は出番がほとんど無いですが今はこんな感じです
コードを付け替えて、ゴムグリップを少しつけてみました。

いじり続けているので愛着がありこれも手放せないんですよね
f0321433_22333997.jpg












[PR]
by keirokulog-16 | 2015-05-20 22:57 | OTHER | Comments(0)