このスナップはイイネ

この季節になると夜の下げ潮の下げ幅も大きいので今まで長靴では立てなかった場所に入る事ができるようになります。

いっそう刺激的な秋の釣りができるようになります。


今回は下流のポイントに潮どまり2時間ほど前に到着
潮どまりまで残り時間が少ないのだが長靴では潮位がまだ少し高いので様子見で手前をうろつく。

その間に流れは強くどんどん下げていき30分ほどで理想の場所に立つ事ができました。

今回は橋の明暗ではなく、橋の下流側の流れのヨレを狙うような場所


流れの巻き返しの辺りでベイトが水面から飛び出してキラキラと光るのが時々見える。



おるですね。


もちろんBKRP115を選択するが1投目では反応なし。
その後10回ほど投げたが反応が無い。
出そうで出ない。
もどかしい状態。

ベイトのサイズが小さい様子だった事ともう少しだけルアーを潜らせたいと感じた。

こんな時こそラビット90の出番

激浅でも水面直下をローリングするので食わせる力が強い


流れのヨレの中をやや早めの速度で通すと
ひったくるような強いバイトがあり待望の1尾を掛けたのだが、
その直後のエラ洗いで残念ながらバラシしてしまう。

その1尾をばらした直後に少し下流で水面がざわつき水面が爆ぜた


他にもまだおるですね

一瞬でバラしたショックから立ち直る。


ルアー回収&即キャストで先ほど魚が捕食した場所を通すと

またもやひったくられるようなバイトがあった。

が、その直後に激しいエラ洗いでまたもやバラす。



楽しいけど悔しい。


ラビット90では反応が無くなった為、
少しポイントを休める必要がありそうな気がした
ここでBKRP115に戻しキャストせず様子を見る。
この時スナップが少し変形していたけど強度的にはいけそうな気がしたのでそのまま続行

(この判断が誤りでした)


しばらくすると、速い流れの中で水面が2度程爆ぜるのが見えた

よし、


まだまだおるですね


BKRP115を正面にキャストし捕食位置に向けて流し込む。

ルアーがポイントにさしかかるよりも前にその魚はベイトにアタックしていて
ルアーの先2メートルほどで水面が爆る。
これぞTOPの釣りの一番楽しいシチュエーション。


出ろ・・

出ろ・・・

ボシュ!

出た!!


やや重みを感じた瞬間フワッとした。

???


ルアーが無い。

???




リーダーの先を見るとスナップが開いておりました。


あぁ。。
これは完全に自分のミスですね。


その後、スナップをimaのパワフルスナップに変更し続行しましたが、この3バラシの影響か、
アタリも無いまま下げ止まりで納竿となりました。




終わってみれば非常にもったいない釣りで反省点がある釣行でした。





今秋の釣行から使い始めて耐久テストしていたこのスナップですが、
1ヶ月半同じものを使い続けた結果。
変形して終わりました。

さすがに同じものを使いすぎたようです。

EGワイドスナップ#2では釣行毎に交換しないと不安なのですが、それに比べると凄い耐久力と安心感です。
20グラム前後のルアー投げ続けるこの時期の釣りで十分すぎる強度である事が確認できました。


これから秋のシーズンはこのスナップに決定です。
これは釣行3回目ぐらいの状態。

f0321433_22560517.jpg




このスナップの良いところ

①開け閉めが容易(力は必要ですけど)
②閉じる際の引っかかりがしっかりしているので安心感が高い

私はこの折り返しのガッチリ感から、
少し変形しても、もう少しいけると判断していました。

f0321433_20122303.jpg




今回の釣行後はこんな感じでした。

f0321433_17255031.jpg




結果として

スナップのワイヤーが曲がったら要交換です
新品と比較して開閉に力をそれほど必要としなくなった。
もしくは柔らかくなったと感じたら要交換です





ちなみに途中でimaのスナップが突然現れたのは、
キーホルダーにぶら下げてあるリングに
EGワイドスナップ#2が2個
imaのパワフルスナップ#2が1個
だったという事。
ただそれだけの事です。


私は予備のスナップをキーホルダーにぶら下げて持ち歩くのですが、
このボンバダスナップは「閉じないで売る」という部分までこだわっているので、
予備で持ち歩くだけで閉じるのはもったいないなぁと感じてしまい、
予備は別のスナップを持ち歩いていました。

これからはスナップケースを携帯して予備もこのスナップにしようと思います。



[PR]
by keirokulog-16 | 2015-11-01 22:50 | SALT WATER | Comments(0)