晩秋の河川

先週の大潮は本当に久しぶりに浸かってみましたが魚の反応がほとんど得られず。
最後の締めくくりにレイジー95S月光ホワイトで表層をやや早めに引いたらフッコが飛びついてきた。
なんだか不意をつかれたヒットで掛かりが悪く即バラシ
浸かっても、今年のバラシ病は治まる気配がない・・・

久しぶりに浸かって気付いたこと。
それは、2時間ほどが体力的に限界であるという事・・・老いを感じました。

昔は、仕事終わってから深夜から朝まで浸かっていた事もありましたがクレイジーな体力でしたね。
もはや到底無理な事です。



そんな訳で、今回の長潮のさげっぱなはオカッパリです。
もちろん今回も夜トップ。 
BKRP115をぶら下げる

キャスト毎に明暗から橋脚へと通すコースを少しずつ近づけていく
10投ほどで橋脚際でジュボッと出ました。

橋脚際から強引に引き剥がして上流側に誘導。

サイズは60オーバーというところでしょうか
慎重に寄せて、ロッドを左手に持ち替える。
そしてふんわりと広がるようにクセをつけておいたタモを右手に持つ。

久しぶりにネットイン成功

f0321433_21571950.jpg
掛かり方を見ると、フロントフックが口でリアフックが目の横にガッチリかかっていましたのでフリーなフックが無い分バラす事はほぼ無いような状況でした。
目の横のフロントフックは目を傷めそうでしたので、フックを折ってしまおうかと思いましたがST46の#2フックは簡単には折れませんでした。
かなり外すの大変でしたがなんとか無事にリリースできました。


その後、珍しい事がありました。

それは先日河川でお会いしたビックベイトの達人に再会した事です。
過去多くの方と川辺で楽しい会話をしてきましたが、その時かぎりで再会する事なんてほとんど有りませんでした。
それがこんなにも早く再開するなんてすごくビックリでした。
お互い好きですねぇと思いつつ

これも何かのご縁ですね。




そして、その方の取り込みを手伝う時には内心バラシ病が出ないかヒヤヒヤでした。
なんとか無事に確保成功でほっと一息

超でかいスイムベイトなので魚の大きさが判断しづらいですけど
コンディションの良い70オーバー
くぅ~!! 
バラシ病を吹っ切るかのようないい魚でした
※下記は私が釣ったのではありませんよ
f0321433_21572347.jpg

その後は下流の様子を見て反応が無いため納竿としました。
でかいルアーはデカイ魚を呼びますねぇ


[PR]
by keirokulog-16 | 2015-11-22 23:04 | SALT WATER | Comments(2)
Commented by futakodeff at 2015-11-23 10:28
二枚目の写真、ストラップが写りこんでいますね。
私もストラップや指が写りこんでしまいます。
たぶん良いのが釣れたときに焦っているのでしょう。
「ストラップは腕に通してから」とPCで確認するときにいつも思っています。

当日はいつも7時だったと思いますが、いつもの場所で。


Commented by keirokulog-16 at 2015-11-23 15:06
futakodeffさんこんにちは
あの写真は、立ち居地が逆で魚の背中側に立っていましたので
上下を回転させています。
確かにストラップ変な位置に入ってしまいました。
そして良い魚でした。
7時に例の場所ですね。承知しました