浸かりやすい湯加減?!

そろそろ夜の下げも本格化してきますので、今まで入れなかったポイントへ入る事が可能になってくる頃ですね。
調査を兼ねて今シーズン初となるウェーディングをしてきました。

ネオプレーンウェーダーとウインドシールドのソフトシェルジャケットにレインカフスそしてフローティングベストと久しぶりに完全装備です。
冬になるともっと着込む必要がありますので、今は比較的軽装で立ちこめる。
この時期のウェーディングが一番心地よい気温と水温なので、できればゆっくり浸かりたいのだが
現在の下げ止まりの潮位では釣りができるのは、下げ止まりの前後合わせて2時間ほど

さて状況は・・・

下げ止まりまでは今一つでしたが、上げに入るころからベイトが見えはじめ
水面をもじるように泳がせたアガケ120に水柱が上がった。

大きさ的には60前後という感じです。
この場所は岸から数メートルほどしか入らないので、ネットは使わずズリあげるのが
私のやり方。

今回もズリあげようと竿を立てて後退すると、この魚は自分の足元に向かって突進し背中側に抜けようとする。
ロッドとライン角度が厳しくなりロッドを守ろうと少し角度を変えたら
足元でルアーがポロリ・・・

この勝負は私の負けすね。
サイズがまあまあ良かっただけに悔しいです。


その後は表層では反応が得られない状況が続くが、
捕食音も小さいが時折聴こえる。
音と飛沫から魚のサイズが小さいようなのでルアーを9センチサイズに変更する。

RABIT90のウサギの耳が水面をかすめる程度に早巻き引くと
がつがつバイトがある。

そして、あっさ入りヒット。
f0321433_16402458.jpg
その後も、このぐらいの魚がテンポよく食ってくる。
どうやらセイゴ,フッコの群れにあたり、その群れの今夜のアタリパターンを引いたようです。

場所が牡蠣殻だらけの橋脚の間であった為、強引に引きはがすやりとりで
バラシも多く10ヒットほどして3キャッチと不甲斐ない結果に。。。

橋脚の際では、10.6フィートのサーフロッドはちょっと扱いつらいですね。
強引に引き抜抜こうとして途中でフックが外れ、ロッドを2度ほど橋脚に激しくぶつける
ロッド折りそうで怖い状況でした。
オープンエリアでの大物を狙う釣りを想定していただけに、タックルがあっていない。

ただ、こんなにがつがつ当たるのは久しぶりでしたので、とても楽しめました。

ラビット
釣れるルアーだと思いますがあまり人気無いのでしょうかね。
新品で売っている事はあまり見かけません。
私の好きなTKLM90、TKRP90とのローテーションにピッタリハマるので出番が多いです。
キャスト時にウエイトがカツーンとする音で何投げているかわかってしまいそうなローテーションですよね。
f0321433_16593223.jpg
そして、このところ毎回バイトがあるアガケ120
その飛距離は、今時の引き波系ルアーの中ではかなり上位であると私は思います。
BKRP、BOOTS、AGAKEのローテーションも今シーズンの定番になりそうな気がする。

次回はAGAKEでキャッチしたいですねぇ。















[PR]
by keirokulog-16 | 2017-10-09 17:07 | SALT WATER | Comments(7)
Commented by futakodeff at 2017-10-09 20:49
ネットの使用感は?

ロッドの傷は細かくチェックした?
見落とすと数ヶ月後に折れるよ。
Commented by futakodeff at 2017-10-09 20:49
ネットの使用感は?

ロッドの傷は細かくチェックした?
見落とすと数ヶ月後に折れるよ。
Commented by keirokulog-16 at 2017-10-09 21:02
フックが外れた衝撃で曲げたロッドが後ろにはじかれ、後ろの橋脚に2度ほど激しくぶつけました。
逝ったかと思いましたが、大丈夫でした。
日中に家でチェックしましたが、目立つ傷はありませんでした。しばらく不安ですねぇ
この場所は短くて強いロッドが必要な場所ですが持っていないです。

ズリあげもしくはグリップランディング想定のウェーディングでしたのでネットは持っていませんでた。
立ちこみは装備が少ない方が体力的に楽ですので軽装でやってます。
ネットの感想はもう少しお待ちを・・・
Commented by futakodeff at 2017-10-09 23:27
傷を見つけたら。
私のやり方ですが、数滴のアロンアルファをたらし傷内部のクラックを毛細管現象により接着します。
表面の傷にエポキシで補強します。
これで重い鯉フライが当たった傷を直し、数年折れてないです。

あのネットをお店で聞いたら、立ち込みなら短いグリップが良いと教わりました。
9ft#8のガチガチロッドは短いグリップは無理なので悩みどころです。

使用感のレポート待ってます。
Commented by keirokulog-16 at 2017-10-09 23:48
> futakodeffさん
ノウハウとても参考になります。 ありがとうございます。
次の潮周りまでにロッドをこまめにチェックしています。
しかしダイワのアンサンドマイクロピッチのブランクは表面を研磨していない分、傷が分かりにくく、こういう時には困りまりものですね。

ネットですが短いグリップは自作できますので、ロッドメイキング感覚で楽しめると思います。
玉網は一つの枠を柄を変えて使いまわす事で経済的メリットが出ますので釣り方やポイントに合わせて柄を変えるのも楽しみがあります。
私は絵を4本持っています。




Commented by futakodeff at 2017-10-10 20:00
シングルハンド時の鯉釣りネットの柄の長さはどれぐらいですか?
Commented by keirokulog-16 at 2017-10-11 00:40
> futakodeffさん
25センチぐらいです。
昔、ヘソまでウェーディングする時用に作ったのですが2度しか使用していません。
100均一の鍋の柄を使って作りました