今シーズンにやりたい事がまだある。


普段ウェーディングしているポイントでは岸から1個目と2個目の橋脚の中間地点ぐらいまでしか行けないが、実は2個目の橋脚まで行けるらしい。

他の釣り人にもそのルートを聞いたのだが、
ルートとなる夜の橋の下は真っ暗なのでかなり恐ろしい
急に深くなったり、そこ無しの泥底だったらかなりやばい事になる。
だが、潮が大きく下げるこの季節からが、その道を切り開く絶好のタイミングである。

だけど、あと一歩が踏み出せない場所がある。

この未開の道を切り開くには安全確保の為の装備が必要ですね。

ウェーディングスタッフほしい・・・

買うとお高いですし、
ルート開拓用の一時的な装備なので頻繁に使う訳ではありません。

なので、適当に作る事にしました。

そんなある日、ベリーでヘラ竿置きを54円で発見。

色は和竿カラーですが素材はアルミのような感じです。
長さは90センチほどですが、中をスライドし約2倍の長さに伸ばす事ができます。
f0321433_16490978.jpg

①先端がしっかりしておりステンレスっぽい素材ですので川底をガシガシつつけそうです。

f0321433_16495731.jpg


②先端のY字に開く竿掛け部分は不要なのでもぎ取る。
③和竿カラーは一目瞭然なのでスプレーでシルバーに塗装する。
④金具にD管を通してスレッドで固定する。
⑤スレッドは100均のエポキシで固める。
⑥D管にマグネットリリーサーを取り付ける。
f0321433_16500838.jpg

⑦拾った浮子類でこのような部品を作成する。
f0321433_16501495.jpg

⑧作成したものを目印浮子として取り付ける。
これで倒れて沈んでも見つけやすいはず。
  実際にどの程度浮くのか不明です。

f0321433_16501916.jpg

⑨出来上がり。
と思ったけど無くさない為なら、もっと良い方法があると気づく。

カラビナをライフジャケットに付けておけば無くなりませんね。
浮子はボツですねぇ。
f0321433_17520452.jpg
いざ行きますか~




[PR]
by keirokulog-16 | 2017-12-04 23:46 | SALT WATER | Comments(3)
Commented by futakodeff at 2017-12-06 00:17
行ってらっしゃい❗️
いいサイズ期待しているよ‼️
Commented by futakodeff at 2017-12-06 00:22
グリップがあるといいね。
自転車のグリップでもいいけど、老人の杖みたいにT型は力が入っていい。
とっさの時にひ弱な老人が身体を支える事が出来る形。
Commented by keirokulog-16 at 2017-12-06 22:28
グリップですよね
たしかに悩み中なんですよ
ただ、お安くがコンセプトなだけに家にあるもので妄想中です

次の大潮あたりで行こうかと思います