2017年 10月 01日 ( 1 )

現時点では潮周りが最高とは言えないタイミングでしか釣行できない状況
なので今回も若潮の下げっぱな・・・
だるーい流れのタイミング


だが、
しかし

到着後3投目で流し込んだBKRP115がバフォっと吸い込まれた。
トップはやる気のある魚がいる時は、すぐに結果が出る
この魚で秋のシーズンインを実感しました。


ルアー釣りは最初の数投が一番気合いが入りますので、
集中力が高い状況で視覚、聴覚、手元に伝わる
バイトの衝撃がめちゃくちゃ気持ちよすぎる。

これが誰しもトップルアーにハマる理由かと思います。

鱸にはちょっと届かないですが、
太さがありなかなかのファイターでした。


f0321433_16404114.jpg
ヒットルアーは、補修したBKRPです。

今シーズンは研ぎ潰すまで使ったフックを、がまかつフックに交換し
バラシ対策としてリアフックに大きめのジギングフックを装着
フックが踊ってフロントフックに絡まないようにパケを付けてみました。


f0321433_16404619.jpg
写真は外した後なのであまり伝わらないですが・・・・

今回の魚は真下から吸い込むように食って
最初にベリーのフックにフッキングした後に
リアフックがエラ蓋付近にがっちり刺さったようでした。
その後、フロントフックが外れて胸鰭側に刺さり直した状態

なのでルアーの位置的が悪かった為、魚が重く感じました。
最初のフッキングが悪いと、
このようにファイト中にフックの移動が起きますが、
シングルフックは刺されば移動は無いのが安心な点です。
最初としては良い結果でしたので
今回のフックの組み合わせは効果有りな予感。

下から2番目の子供が絵を描いたルアーで釣りたかったですが、
残念ながら不発・・・

その後、アガケで一発出ましたが、
針先がカスッただけでフッキングに至りませんでした。


後はバラシ対策として、ネットを購入。
ネットで安いオーバル型ネットを買う予定でしたが、
ベリーでさらに安い中古を発見し即購入

今までのネットに比べて
ナイロンが太く目が粗いので癖がつきにくいですし、
折りたたみではないので、そもそも癖がつく要素が無いかもしれまん。
今までの玉網と比較しても大きさの違いは一目瞭然です。


f0321433_16405099.jpg

リーダーも買い置きのフロロが無くなったので
トップメインの釣りに合わせて
よつあみのHigh Grade SHORE LEADER 
6号/25LB ナイロンにしました。

これで備えは十分


今年は、バラシ病にかかりませんように・・・





[PR]