カテゴリ:未分類( 1 )

これで今年は最後かなと思いつつ、先週末、そして昨夜と2度も出撃

シーズンオフは0バイトの完璧なボーズで締めくくる事が多いが
先週はBKRP115に2度ほど出た。
キャッチは0なのだが、反応があったのは嬉しい。

私の中で1つのターニングポイントと決めていた今回の大潮周りでシーズンオフを実感する為の釣行に行ってきた。

下げ止まり1時間前から開始の為、今夜は下げ止まり~あげっぱなを挟んだ2時間ほど前回良型の出た河口に立ちこむ事にした。

グローブの必要が無いので、今夜は先週末より少し暖かいのだが
釣り人は見えない。
寒さでベイトが減ると鱸も減る。そうすると釣り人も減る・・・河川のシーズンオフを感じる。
先週の冷え込みでベイトがだいぶ減った気がする。

この時期になると下げ止まりの水位がかなり低いので、前回の大潮まわりでは膝まであった水位が今日は脛ほどしかない。
手前の浅瀬にところどころにある牡蠣殻の馬の瀬にBOOTS120のフックが当たる時があるほど・・・

BKRP⇒BOOTSといつもローテーションで様子を見るがまったく反応が無得られない。

この展開は想定通りであったので今回は、シンキングペンシルを多く用意している。

大きめのシンキングペンシルで橋脚の向こう側の流れと駆け上がりを狙う。

前回実績のあったブルースコードⅡ110では反応が無い。
下げの流れが速く深めのタナにいる鱸に届いていないと思われる。

ハニートラップ95Sに変更して1投目。
キャスト後に少しラインを送りこんでルアーを沈めた後、ロッドをゆっくり立ててゆっくり巻き上げた時にコツンとバイトがあったが浅い食い込みであった為、即バレる。

このアタリでヒットパターンがつかめたので、重めのシンキングペンシルでローテーションを開始すると、マリブ(大)でまたもやカツっとバイトがあるが乗らない。

やはり沈めてゆっくり流すパターンだと確信する。

下げ止まりから上げに入ったころ、オグルS(大)を流していると、ガツンと深いバイトがあった。

いい魚がまだ残っていました。
f0321433_10225352.jpg

スタイルの良い70ちょっと
夜の短時間しか釣行できない家族持ちサラリーマンアングラーには、河川から抜けた鱸を追ってサーフなどに行く事はかなりハードルが高い(いろいろと代償を払う事になる)・・・
なので、これが今年を締めくくる鱸になりそうだ。
f0321433_10230002.jpg

今夜のローテーション
ヒットは右側の3つ。
ヨレヨレは期待大でしたが、流れが速く濁りもあるので
アピール力が足らなすぎる。
f0321433_10230317.jpg
あとは、恒例の納竿釣行ですね















先週松は

[PR]
by keirokulog-16 | 2016-12-03 11:02 | Comments(0)