カテゴリ:OTHER( 39 )


f0321433_17342894.jpg

12月に入って最初の大潮の下げ止まりまでのタイミングで二時間ほどウェーディングしましたが完璧なボーズでしたのでシーズンオフを感じました。


終わったと感じつつも
その翌週のだらだらした潮周りで様子見に行きましたが、一度だけリップルポッパーに魚が飛び出したが弾かれまたもやボーズ

これからの季節の河川は本当に厳しい
狙うと言うよりもまるで交通事故にあうかのような偶然の釣果に期待するような釣行になる。


だけとこの時期だからこそチェックする事がある




もう少しで夜の下げが最大になるこの時期には普段は見れない川底の地形を目で確認出来るのです。
岩盤等は馬の背と違ってシーズン毎に変化しないので正確に位置を覚えるよいタイミングです。

ボーズでも手ぶらでは帰りませんよ


そして毎年恒例のトラウトフェスタに行ってきました。



f0321433_17341679.jpg


フライフィッシングのイベントですが
結構良いものがあります。

今年は欲しかったレインジャケットを見つける事が出来ました

さてそろそろ釣り納めの頃合いですね




[PR]
この時期は街灯の多い下流によく行く為ライトもZX-310では明るすぎる
なのでネックライトの出番が多い

だけど秋葉原で買ったやや怪しい類似品である為いろいろな不安がある。
いくら街灯が多い場所でも釣行時にライトが壊れるのは厳しい

そう思っていたら、また怪しいライトを発見しましたよ
アルミ削り出しのような構造で超小型で税込み400円(しかも電池付き!!)
自転車のライトでの使用を想定しているのか点灯以外に点滅のフラッシュパターンが2種類あり3パターンの切り替え式です。そして説明書には防水の文字まで。
f0321433_15554204.jpg
まじか! 安いぞこれ
さっそく家で以前購入したナショナル風味なネックライトに装着してみるといい感じで合体

f0321433_15554251.jpg
これで故障の不安なく釣行に行けそうです。
しばらくはこれの耐久テストです。

この時点で費用は750円ですよ
お得だと思います





その後は。。。。






[PR]
久しぶりの花火大会を家族で楽しむ為に多摩川に行ってきました
二子は物凄い混雑するので、今夜はだいぶ上流側にエントリーする

当日は、調布と世田谷、川崎と同時開催でしたので華やかな夜でした
二子の高層ビルからの眺めはどんな感じなんでしょうかね?

左手前が世田谷、右奥が川崎の花火です。

写真でエントリー場所がわかる方もおられると思いますが、
このあたりの土手は二子に比べると、混み方はまだましな方で。
お隣との距離も結構ありのんびりと観賞できます。

f0321433_23001412.jpg
世田谷側は、下の方も賑やかでした
f0321433_23001433.jpg

f0321433_23001422.jpg
f0321433_23001476.jpg
f0321433_23001494.jpg


f0321433_23001472.jpg
f0321433_23001470.jpg

f0321433_23001468.jpg

いや~いいっスね
夏をしめくくるそんな気分でした

ベイトなども動きに変化が出始めましたので
河川はもう秋の気配が感じられますね




[PR]
今年から仕事で秋葉原に行ってまして

帰り道に少し道草

ネックライト350円
しかも、電池付き!!(すぐ無くなるでしょうけど
この価格だったら電池入ってないかと思って安い電池も買っちゃっいましたよ。
f0321433_23135132.jpg
ナショナルのネックライトに凄い似ている。
しかしこれはLED電球の数が1個だけ。数が少ない。

だが他のつくりは良さそうな感じなので購入
移動中は明るいライトが便利ですけど釣りを開始したらこのぐらいが眩しくなくて調度良い

しばらく使って耐久力など確認しようと思います

少し前ですが結婚記念日でしたので土日の父ご飯も少し丁寧な仕事をしてみました。
ドーンと100%ポークハンバーグです。
ひき肉+コショウ+塩で練っただけのつなぎなし肉全開バージョン
つなぎなしのハンバーグのガッツリ感もたまらんですよ
最後に周囲をベーコンで巻いてみました。
ソースはケチャップ+中農ソースのやや焦がし風

f0321433_23141294.jpg

















[PR]
釣り人ならギアやタフというキーワードは好きですよね

これは釣りではなく仕事用(通勤)なのですが
ここ数年アシックスのテクシー・リュクスがお気に入りなのであります。

なんといってもポイントは
革靴ではなくスニーカーの履き心地である事
その為、歩きやすいしめちゃくちゃ軽い。
以前は防水性能が強いハイドロテックを履いていましたが
一度コレを履いたら、あっさりこちらに乗り換えです。


f0321433_22142694.jpg

朝の駅前の横断歩道の青信号が点滅なんでタイミングでも軽やかに走れます。
普通の革靴のように靴底を張り替えて使うのではなく、スニーカーのようにソールが磨り減るまで履いて履きつぶすタイプの靴だと思います。

今回も擦り切れたので購入です。

以前はややスニーカーっぽさを残した感じのものでしたが、
世代が進むにつれ革靴らしさが強くなってます。



これぞ歩くための仕事ギアと思います。





[PR]

雑誌「釣り人」を見たらレインウェアの手入れ記事がありました

最後に熱処理する事で効果上げるとの内容がありました

私もこのタイミングで、熱処理を試して見るため
先日に手入れしたレインウェアをアイロンの弱であて布しながら撫でてみると
表面が滑らかな感じになりました。

f0321433_21425358.jpg










ところで私のレインウェアですが
ずっと上下別で買っています。
理由は
上はエントラントG2で快適なものを長く使う。
下は藪こぎで穴あいたり、コケて擦り切れたりと痛みが早いのでワークマンのナイロン製でコストパーフォーマンス重視なのであります。

釣り用のレインウェアも上下バラ売りがもっとあれば良いのですがね。
釣り用のウェア等はワークマンなどの作業着屋で探すのはけっこうオススメですよ









[PR]
雨の釣行が増えるこの時期にやるべき事

それはレインウェアなどの防水処理
私の場合はコレを使っています。



f0321433_23573156.jpg


濯用洗剤()で手洗いして⇒浸ける⇒濯ぐ
強力撥水剤(右)に浸ける⇒濯ぐ

スプレー式に比べると手間がかかるのですが、効果はかなり高いと思います。
洗濯からの手順が効果を高める上で重要な気がしますし、レインウェアはなかなか洗濯しないので
どうせやるなら洗濯してから撥水が気持ちも良いです。

私の場合、年1回のこの作業ですので1本で4シーズン分はあります。


でもこれをやると手が撥水コートされてしまう
f0321433_23561460.jpg

もちろん肝心のレインウェアもバッチリ撥水
ゴアッテクスとか言いたいのですが、エントラントG2の素材です。
でもメンテナンスをする事で快適に長く使えています。
f0321433_23561939.jpg









[PR]
しばらくログが更新されていませんが
数年前にフィールドで出会った方とのつながりの記事を復活

私が初めて買ったフィッシュグリップ
今でこそ値段や形はいろいろ選べるけども
昔は選択肢はそれほど無かったですよね
これは当時1000円ぐらいで買ったものです。
f0321433_22215039.jpg

ハイエンドモデルには手が出せないので、いじりました

その①
材料(EVAパイプ+コルクリング+HDDの軸のリング)
f0321433_22241453.jpg

グリップの質感をアップしてみたり
f0321433_22260107.jpg


そして、フィールドで出会った方のコレにインスパイアされて

その2(限界まで短く軽くする編)


全てばらす
f0321433_22324954.jpg


穴の位置で切断
f0321433_22330095.jpg


穴を新たに空け直す
f0321433_22330422.jpg

パイプも切断しちゃうよ
f0321433_22331286.jpg

バネも切断。
HDDの軸リングをセットして組み付けたところ
パイプに穴をあけるのは電動工具でないと、
ちとシンドイです
f0321433_22331922.jpg


いらない不用品(これぐらい軽量化できましたよ)
f0321433_22333650.jpg

ほい、完成
持ち手にはEVAで短さはここらが限界と思います
f0321433_22333025.jpg

その③(優しさをプラス)

オリジナルは力が強く魚を傷めるので
わざと遊びを作ってみたり
f0321433_22335418.jpg

グローブつけてみたりやっています。
(グローブは生臭いニオイに耐え切れず後日撤去)
f0321433_22335759.jpg



でもね
ずいぶん前からメインはコレになってしまった
結局、軽さではコレにはかないませんね。

釣るための道具では無いので、そうそう買えませんからね
水没したりして無くしたくないので
ステンレスリングとステンレスカラビナをつけたら
かなり重くなりましたけど気にするほどではないですよ。
ポイントは無くしたくない思いからの
カラビナの開口部をビニールテープを巻いて完全に閉じているところ

別売りのアシストグリップは使った事ありませんが
ステンレスリングも握りやすさの向上になりますのでお勧めです
f0321433_22461381.jpg



最近は出番がほとんど無いですが今はこんな感じです
コードを付け替えて、ゴムグリップを少しつけてみました。

いじり続けているので愛着がありこれも手放せないんですよね
f0321433_22333997.jpg












[PR]
もう4年は使ったかな
先日の釣行でしょっぱなから点灯せず。
ゴミになりかけていたライト ZX-310

この手のものは、捨てる前に最後の手術を試みるのが私流

さて奇跡は起きるか? 失敗ばかりのDr.Xよ

さっそく裏面のネジが4本あるが、奥の2本はドライバー入らん
ここは専用工具なのか?

なので、障害物の突起を切除
判りづらいですが、小さなツメのような突起があり邪魔してライトの可動範囲を制限しておる。
下の写真でライト上部の白っぽい部分がカットした場所
f0321433_00102748.jpg
ネジ、外しOK
蓋をあける。
この後、この先へとメスを進めたが断線箇所や基盤の腐食は見当たらず。
この金属版を外して、プラスチックの枠からとライト本体を外す際に、
LEDの小さなゴムリング(おそらく防水用)が取れたが、元にもどすの結構大変なので
これは摘出しゴミ箱行き
f0321433_00103273.jpg

テスター代わりに、息子の実験セットの豆電球を使用する。
f0321433_00103957.jpg

推測ではこのライト本体部分かライトに近い部分の配線が切れている
断線が原因と考えており
写真はありませんがライト手前の配線を切断し豆テスターで通電していない事を確認。

まじでぇ・・・・
絶対、いろいろ操作するこっち側だと思ったのに・・・
切っちゃったよ配線


ライト本体側はまさかのシロ
いきなり手術ミス

なので、お次は電池を入れる方をバラス
こちらは簡単でした。

そして原因判明
原因は配線と電池BOXの付け根の部分の接触が悪いだけ・・・

あぁぁ・・・ライト側の配線無駄に切ってるし・・・
f0321433_00105109.jpg

結局、切った線は全て手でつなぎ直してみると点灯しました。
電池BOXからライト本体までの配線が6センチほ短くなってしまいましたが。
もう少し使えそうです。
f0321433_00110602.jpg

最初は電池BOXからチェックがオススメですよ

めでたしめでたし







[PR]
フジガイドのカタログの影響ですね
家にある材料で無理やり1本作成しました。

頂き物の2ピースロッドのティップセクションに
破損したバスロッドから奇跡的にスッポリ抜けたリールシートをドッキング
グリップにはEVAのパイプをセット
(長さが足りないので真ん中で切れ目がありますが・・・)
アクセントにハードディスクの軸から採取したアルミリングをセットしてみました。
グリップエンドには、天国に旅立ったフライロッドのエンドグリップを装着
ブランク内にエンドグリップのシャフトが入っており、ひょっとして感度抜群?!
な期待感も有ります。
f0321433_00005772.jpg
全体はこんな感じ(短いです)
f0321433_00011861.jpg

適当にワインディングチェックをエポキシで貼り付けてみました。

f0321433_00010683.jpg

そんでもって、天国に旅立ったロッドから剥ぎ取っておいたガイドをラッピング
エポキシはもちろん100均で入手したもの
それを薄め液で薄めて1度目はうす塗り、2度目はやや濃い目で仕上げ
(雑に!!いやワイルドに・・・)
f0321433_00013748.jpg
余ったガイドでフックキーパーを作成。
f0321433_00014230.jpg
3分間クッキングではありませんが・・・
なんだか出来た
材料費はエポキシ2本で216円
1ピースの感度抜群のはずのロッド
170センチほどのレングスでパワーは不明・・・
TKLM9/12やTKRPなら余裕でキャストできそうな感じです。

次回はコレでいくかな
パワーを試す為に鯉を掛けてみたいなぁ




[PR]