カテゴリ:OTHER( 37 )

マルタ狙いで使ったシンクティップもボロボロでしたので
久しぶりに作り足しました。

自作シンクティップのスペックは
フローティングライン先端に接続する
40~60センチほどのスーパーヘビーなヘッドです。

速い瀬の流芯の底にすばやく入るような使い方を想定しています。
管理釣堀で使う場合は、魚の棚が底すれすれの場合ぐらいですかね。
他の用途ではあまり出番無いのですが・・・

材料
ルアーのアシストフックを作ったりするダイニーマ
※芯線を抜いて使用するタイプのもの
f0321433_22032898.jpg
とか強化チューブとか
f0321433_22032884.jpg
あとは糸錘
f0321433_22032837.jpg
錘をダイニーマや強化チューブに通します。
スルスルは入らないですが、チマチマやれば入っていきます。
f0321433_22032811.jpg
そんでもって両端は、ループ処理してループの根元をシュリンクパイプで補強する

f0321433_22032808.jpg
完成です
f0321433_22032885.jpg

今までは、フライのブレイテッドラインを使用したりしていましたが、
編みこみが粗いものでした。
比較的編みこみが細かいこれらの方が、中の錘が飛び出しにくいです。
今後の課題は、中の錘とチューブをより一体化させたい部分ですね。
ダイニーマは熱に弱いですが、熱するとやや溶けて溶着する感じになりますが
強度面で少し不安になります。
なにか良い方法があればいいのですが。










[PR]
WEBでも見れるし
最近は有料だったりと
何かと見る機会の減ったカタログですけど

Fujiのカタログはなかなか良いですね。
f0321433_23181181.jpg
ガイドセッティングやラインの絞込み角度などマニアにはたまらない拘りが満載
分厚く読み応えも十分あります。
しかし、傾斜フレーム第4世代のRVガイドは高いっすねぇ 
1個で短い竿のガイドセット買えるほど・・・
かっこよいけど手が出ませんねぇ
なんだか、久しぶりのロッドメイキングとかしたくなってきました。





[PR]
元旦から雪でしたね。
今日はカミさんの実家でご馳走になりそして飲んで寝る・・・
そして正月を満喫し帰宅

今年最初の大物はこのランカーサイズの2本












f0321433_23032846.jpg
カミさんの実家の畑で抜いた大根
採れたての大根はすごく美味しい。
辛さが少なくみずみずしい。 
煮たりせずサラダ等で生で食べると違いが歴然とします。






一年の計は元旦に有り。
思い切って釣行するかと考えましたが、非常に寒い・・・
まずはタックルの手入れでもする

愛用のロッド:ラグゼ・ソルテージ・リフレックス90M HIGATA MASTER
既に数年前に廃盤のモデルですが今も夏後半~秋~初冬のメインロッド
コルクグリップなので、シーズンの節目に木工パテで補修をしています。
コルクログリップのロッドは手入れに手間がかかりますが、手入れして長く使う事も楽しさの一つだと思っています。


f0321433_21505979.jpg


今年もよろしくお願い致します。




[PR]
男子なら好きなキーワード

食べ放題、
 

飲み放題、
 

先日スーパーのタイムサービスが急遽開催された。


野菜つめ放題

もちろん兆戦しました

詰め放題で1袋300円
周りの目線を気にしつつ
次男の好きなきゅうりに狙いを定めて剣山詰め・・・
f0321433_22021267.jpg

元は取れたと思うなぁ
f0321433_22020837.jpg
夏は野菜が美味し


[PR]
週末の晩は旬なカツオ祭り

1本丸ごとさばいて

握り
f0321433_00485294.jpg
血合いと中骨まわりは生姜と醤油・砂糖で甘辛く煮てみる
f0321433_00482779.jpg

タタキ

f0321433_00482201.jpg

ユッケ風

f0321433_00524067.jpg
旬を満喫しました。



[PR]
数年前に自作して使っていましたが、1シーズンに1つは無くしてしまい。
一つも無くなってしまいましたので作り足す事にしましたよ。


ラインをスルスル通すための道具なんですが、一度使うと手放せなくなります

材料は
①使用しなくなったフライライン (30センチほどにカット)
②自動ハリス止め

大体それだけ

今回使用したフライラインは、ブレイテッドコアのものを使用しました。 
私は少し長めにする事でリールにしっかり巻き込んで止める事ができるようにしています。

落としてもすぐに見つかるので視認性が高いカラーがオススメですよ。

2センチほどコーティングをはがしてから自動ハリス止めを取り付ける
使い古したPEラインで巻きとめる。

今回は熱収縮パイプを上から巻いて少し丁寧な仕上げにしました

f0321433_01285880.jpg


f0321433_01290280.jpg

私は16LB~25LB(4号~6号ぐらいかな?)のリーダーを使うことが多いので大きめの自動ハリス止めを使いました
よく使用するラインに合わせて自動ハリス止めのサイズを選んだ方が良いと思います。

家でラインシステムを組んで、リーダーの先端にこの自動ハリス留めをセットしておけば、現場でのタックル準備が快適になりますよ。

一度使うと手放せません。





[PR]
世間は、サッカー観戦一色な日でしたが、
6月最高の潮周りのタイミングでしたので家族で海の公園にいってきました。
f0321433_00045529.jpg

潮が引くまでは、木陰でワンセグ見ながらのんびり過ごす
潮が引いてくると人も増えてきました。

f0321433_23333281.jpg

潮干狩りは家族みんな大好き。(子供達はカニ>アサリですけど)

そろそろですね。
道具はこれ。
(ゴム手袋と洗濯カゴ)私はルールを守りつつ、これが最強の装備だと思います。

手先の感覚で貝を砂ごとカゴに入れる。

手先の感覚で貝を砂ごとカゴに入れる。

手先の感覚で貝を砂ごとカゴに入れる。

それを繰り返して、しばらくしてかごを揺すって大きな貝だけをネットに入れる
f0321433_23420146.jpg

狩りに出撃です
f0321433_23333221.jpg

手前のエリアには貝はほとんどいない・・・
やはりGWでけっこう根こそぎ狩られてしまったのか?
 
 
でもね。今日は覚悟が違うのだよ・・・

大人がパンツを濡れる事を気にしないということは結構な覚悟ですよ
すこし先まで歩いて肩まで浸かって掘る


そして結果はコレです。
f0321433_23333285.jpg

砂抜き用に現地の海水を汲んでくると家での砂抜き効率が非常に良いです。
元気よくぴゅぴゅっとやってました。
f0321433_23333215.jpg


そして、お楽しみ 
ペンネを使った、ボンゴレ風
f0321433_23482267.jpg

バター醤油
f0321433_23481862.jpg

アサリご飯
f0321433_23521773.jpg
満腹

アサリを一気に食べ過ぎたようです。

残りは冷凍にしました。










[PR]