<   2015年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

TKRPとサンダーブレードの5センチ
これで私のローテーションの90%を占めています。

手前は今シーズンに向けて予備のものを一本おろしました。
リアフックは4番の2個付けに即交換しました。
フロントフックが無いとルアーの動きがおかしくなるので
フロントフックはおまけ程度につけています。

大き目のフロントフック1本でリアなしも良いかもしれませんが
激浅シャローや根などもあり、フロントフックは頼りないぐらいの方が良いです。
根掛りした時に伸びるのでロストの確立は激減します。

セイゴサイズのフッキングは少し悪いですけども、
フッコサイズ以上をバラス方がもっと悔しいのですよね

世の中にバイブレーションはけっこうありますがこのルアーの代わりになるのはなかなか無い。
そんな気がするなぁ

重要なポイントは
沈下速度が遅いという事
そして値段が比較的安い事


ただ巻きもよいですが、
水面のベイトのすぐ下の層を小刻みなリフトフォールを繰り返しながら
巻くと威力を発揮します。これも沈下速度が遅いのでレンジをキープしやすい。

f0321433_22452845.jpg
手前のフロントフックは純正のもの、
奥はサイズをアップしています。
#ST36BLあたりが適度な強度もありフロントフックには良いと思います。




[PR]
前回TOPで出たのでヘビーローテーションの準備でも

初期のヘビーローテーションの季節はこの中から3本持ってくのが私の定番
8月後半まではこれです。


一応微妙な変化を付ける為、1本はWORKS 9/14(一番奥)
残り2本は9/12(手前3本)から気分で選択。
ロストの危険が低いルアーですが、予備の為の2本です。
色にこだわりは無くTBで安いのがこの色だったというだけです。

もはや中毒者ですので、これくらいないと落ち着かないんですよ

f0321433_22460558.jpg









[PR]

入魂リベンジ釣行してきました

魚の居場所が岸際の場所へとエントリー
上流から下流方向の風がややあり、表層の流れは比較的速い。
表層の流れが強いので潮目が出ている。
状況としてはよい感じ、、

予想どおり下げとともに捕食音が岸際でポツリ、ポツリと聞こえる。
その数が次第に増えていいき、最終的には川一面で、捕食音が出始めた。

ボイルと表現しても良いほどにボコボコ出ていました。
この規模のボイルは今年はお初ですね。

表層は上流からの風の影響で小さくな波立っているのでTOPは見えずらい。
なので水面直下をサンダーブレードの早まきで通すと待望の一尾目
リアのシングルフックがいい所にかかっていました。

このぐらいサイズになると、純正サイズや#10番フックあたりではすぐに伸びてしまうので
リアフックはシングルフックの向かい合わせでの2個付けに変更しています。

フロントフックが目の横の位置でしたので、少々外すのに気を使いました。
短い竿でも十分ファイトに耐えフッコサイズまでなら問題ない感じでした。

f0321433_22451456.jpg
その後もサンダーブレードをカラーローテーションして豆セイゴを数匹追加
個人的には赤金が反応が良い感じがします。
f0321433_22455291.jpg
下げ止まりのタイミングで風が止み水面が鏡のようになったのでTKRPに変更し、
今年初の夜TOPでヒットやっぱりTOPは最高ですね。
掛かった瞬間がたまらない。
フロントフックがエラに掛かってしまい、外すの大変でした。
f0321433_22455882.jpg
この後もTOPで1バラシして反応鈍くなってきたので、締めのサンダーブレードで1尾追加
f0321433_22460230.jpg


これで入魂は無事に完了

手作りの竿だとワクワク感が違いますね。
この竿は足りない部分が多く
いろいろ人間が調整する必要がありとても運動になりました。

満足の釣行でした。








[PR]
しばらくログが更新されていませんが
数年前にフィールドで出会った方とのつながりの記事を復活

私が初めて買ったフィッシュグリップ
今でこそ値段や形はいろいろ選べるけども
昔は選択肢はそれほど無かったですよね
これは当時1000円ぐらいで買ったものです。
f0321433_22215039.jpg

ハイエンドモデルには手が出せないので、いじりました

その①
材料(EVAパイプ+コルクリング+HDDの軸のリング)
f0321433_22241453.jpg

グリップの質感をアップしてみたり
f0321433_22260107.jpg


そして、フィールドで出会った方のコレにインスパイアされて

その2(限界まで短く軽くする編)


全てばらす
f0321433_22324954.jpg


穴の位置で切断
f0321433_22330095.jpg


穴を新たに空け直す
f0321433_22330422.jpg

パイプも切断しちゃうよ
f0321433_22331286.jpg

バネも切断。
HDDの軸リングをセットして組み付けたところ
パイプに穴をあけるのは電動工具でないと、
ちとシンドイです
f0321433_22331922.jpg


いらない不用品(これぐらい軽量化できましたよ)
f0321433_22333650.jpg

ほい、完成
持ち手にはEVAで短さはここらが限界と思います
f0321433_22333025.jpg

その③(優しさをプラス)

オリジナルは力が強く魚を傷めるので
わざと遊びを作ってみたり
f0321433_22335418.jpg

グローブつけてみたりやっています。
(グローブは生臭いニオイに耐え切れず後日撤去)
f0321433_22335759.jpg



でもね
ずいぶん前からメインはコレになってしまった
結局、軽さではコレにはかないませんね。

釣るための道具では無いので、そうそう買えませんからね
水没したりして無くしたくないので
ステンレスリングとステンレスカラビナをつけたら
かなり重くなりましたけど気にするほどではないですよ。
ポイントは無くしたくない思いからの
カラビナの開口部をビニールテープを巻いて完全に閉じているところ

別売りのアシストグリップは使った事ありませんが
ステンレスリングも握りやすさの向上になりますのでお勧めです
f0321433_22461381.jpg



最近は出番がほとんど無いですが今はこんな感じです
コードを付け替えて、ゴムグリップを少しつけてみました。

いじり続けているので愛着がありこれも手放せないんですよね
f0321433_22333997.jpg












[PR]
もう4年は使ったかな
先日の釣行でしょっぱなから点灯せず。
ゴミになりかけていたライト ZX-310

この手のものは、捨てる前に最後の手術を試みるのが私流

さて奇跡は起きるか? 失敗ばかりのDr.Xよ

さっそく裏面のネジが4本あるが、奥の2本はドライバー入らん
ここは専用工具なのか?

なので、障害物の突起を切除
判りづらいですが、小さなツメのような突起があり邪魔してライトの可動範囲を制限しておる。
下の写真でライト上部の白っぽい部分がカットした場所
f0321433_00102748.jpg
ネジ、外しOK
蓋をあける。
この後、この先へとメスを進めたが断線箇所や基盤の腐食は見当たらず。
この金属版を外して、プラスチックの枠からとライト本体を外す際に、
LEDの小さなゴムリング(おそらく防水用)が取れたが、元にもどすの結構大変なので
これは摘出しゴミ箱行き
f0321433_00103273.jpg

テスター代わりに、息子の実験セットの豆電球を使用する。
f0321433_00103957.jpg

推測ではこのライト本体部分かライトに近い部分の配線が切れている
断線が原因と考えており
写真はありませんがライト手前の配線を切断し豆テスターで通電していない事を確認。

まじでぇ・・・・
絶対、いろいろ操作するこっち側だと思ったのに・・・
切っちゃったよ配線


ライト本体側はまさかのシロ
いきなり手術ミス

なので、お次は電池を入れる方をバラス
こちらは簡単でした。

そして原因判明
原因は配線と電池BOXの付け根の部分の接触が悪いだけ・・・

あぁぁ・・・ライト側の配線無駄に切ってるし・・・
f0321433_00105109.jpg

結局、切った線は全て手でつなぎ直してみると点灯しました。
電池BOXからライト本体までの配線が6センチほ短くなってしまいましたが。
もう少し使えそうです。
f0321433_00110602.jpg

最初は電池BOXからチェックがオススメですよ

めでたしめでたし







[PR]
週末に朝マズメ狙いで出撃
家でタックル用意して気付いた事

バランスがこの位置にあるですよ。
この組み合わせよい感じですね。
トラウマリールですけどもね・・・
f0321433_23113412.jpg

そして、東の空が蒼くなる頃のハク移動に合わせて、
散発的に水面が爆ぜるのですが

明るくなるまで粘ったけどかすりもせず

f0321433_23112808.jpg
腕及ばず 入魂不発

そして無意味なインプレでも

①ロッドグリップがやたら短いのでキャスト最後の止めのタイミングでグリップへの衝撃がすごく疲れる
②短いくせにアキュラシーは驚くほど良くも無い。悪くも無い
③1ピースで軽量なだけに感度は良い。流れ竿でを感じる事ができる。

感度の良い竿は穂先がソフトなのが多いですが、穂先が硬めのでも感度の感じ方が違うだけで、悪い事はないと・・・思う。
車でも足回りはタイヤは扁平なほど、サスやショックが硬いほど路面状況を感じる事ができる。
ダイレクトさは硬いほうがあると思うんですけども、長時間の扱いは非常にに疲れる。
これは車も竿も同じような気がする。
この竿もそんなフルリジッド的感度の竿です。

③ガイド径が大きい為、EGワイドスナップ#2がTOPガイドを通過する。
④ロッドの仕事が不要なTKRPは当然使いやすい。

まあTOPが使えれば大体OKなんです。
こんな曲者ロッドに体で合わせるのも楽しかったります。

超小規模河川のナマズとか、子供の達のキャスト練習とかとかにはピッタリはまると思う

魚を掛けたかったなぁ・・・

そして恒例のトラブルは
ライト故障・・・
最近トラブル多いなぁ







 














[PR]
フジガイドのカタログの影響ですね
家にある材料で無理やり1本作成しました。

頂き物の2ピースロッドのティップセクションに
破損したバスロッドから奇跡的にスッポリ抜けたリールシートをドッキング
グリップにはEVAのパイプをセット
(長さが足りないので真ん中で切れ目がありますが・・・)
アクセントにハードディスクの軸から採取したアルミリングをセットしてみました。
グリップエンドには、天国に旅立ったフライロッドのエンドグリップを装着
ブランク内にエンドグリップのシャフトが入っており、ひょっとして感度抜群?!
な期待感も有ります。
f0321433_00005772.jpg
全体はこんな感じ(短いです)
f0321433_00011861.jpg

適当にワインディングチェックをエポキシで貼り付けてみました。

f0321433_00010683.jpg

そんでもって、天国に旅立ったロッドから剥ぎ取っておいたガイドをラッピング
エポキシはもちろん100均で入手したもの
それを薄め液で薄めて1度目はうす塗り、2度目はやや濃い目で仕上げ
(雑に!!いやワイルドに・・・)
f0321433_00013748.jpg
余ったガイドでフックキーパーを作成。
f0321433_00014230.jpg
3分間クッキングではありませんが・・・
なんだか出来た
材料費はエポキシ2本で216円
1ピースの感度抜群のはずのロッド
170センチほどのレングスでパワーは不明・・・
TKLM9/12やTKRPなら余裕でキャストできそうな感じです。

次回はコレでいくかな
パワーを試す為に鯉を掛けてみたいなぁ




[PR]
一緒に多摩川で釣りや生き物を捕った小中からの友人と
本当に久しぶりに多摩川へ
お互い家族が出来き、にぎやかになりましたが、
子供の頃の遊んだ楽しい記憶が蘇りました。

二子は爆混みなので、もう少し下流の昔遊んだ懐かしの河原へと

f0321433_23240991.jpg

この背の高い草に囲まれた一本道って多摩川だなぁ・・
と思います。
もうこれだけで懐かしいです。
f0321433_23243336.jpg
子供達もガサガサでヌマチチブらしき魚を大量に捕獲し満足の様子
中には稚鮎らしき魚も数匹いました。
f0321433_23241579.jpg
この河原へと続く草の間の一本道・・・
抜けた時の開放感がたまらない
子供の頃はそれだけでアドベンチャー感がありワクワクした。
懐かしいなぁ・・・

f0321433_23243661.jpg
あの頃から地形は全く変わってしましたが、
変わらない部分も有り
それがまた嬉しかったりします。
f0321433_23243867.jpg
広大なチャラ瀬が出来ており。
子供達が水遊びをするには最適な環境でした。

竿を少し振りましたが、強風で魚を見つける事ができず
釣果はありませんが、
懐かしさを満喫した一日でした。



[PR]
GWは、どこかに行くようなイベントはありませんので・・・
単なる連休ですが、大潮のかさなるタイミングだけに
フィールドも人が多いですねぇ

朝ちょろっと河川の様子見に行きましたが、
水面へジョパンと時折出るのですが、TOP系ルアーには結局出ませんでした。
釣り人を熱くさせる光景があるのですが、釣果は寂しいかぎり
過去何年もこのパターンには苦戦しています。

先日の出合ったら最後のネタでも

私のフィールドでは季節を完全に外していますが、
K2RP122、K2R112 サスペンド
まず、中古店で見る事が少ないルアーですが
な、なんと二つとも定価の半額以下の価格で・・・・
ほぼ新古品状態のグッドなコンディション。

即決でした。
f0321433_22544893.jpg


KTENシリーズは好きなのでよく使うのですが、
今回は初めてクリアモデルを入手した為
あなたの良き思い出のために」
を見る事ができました。 
ちょっと嬉しいですねぇ ( ̄ー ̄)ニヤリッ
今年の秋が待ち遠しい

f0321433_22544883.jpg

勢いあまってコレも
f0321433_22544846.jpg

「戦う鉛筆巨人」
けっこう前のルアーだけど500円は安い
ラトル音がしない
無音仕様である事でビビッときて購入

出合ったら最後ですね。





[PR]

GW

GWに入りましたね

自宅から自転車で15分ほどの公園も新緑がまぶしいです
f0321433_00465219.jpg
子供達とガサガサをしたりと
一気に夏の遊びができるようになる季節ですね。
f0321433_00463080.jpg
さて、バチのタイミングで出かける事ができない私にとって
この時期の釣りといえばマイクロベイトのパターン
ですが、このパターンは非常に難しい

TOPを投げてみても、なかなかルアーには反応しない。
小型のバイブレーションのヒラウチでリアクションバイトを狙う方法で
何とか魚を掛ける事に成功しています。
f0321433_00442200.jpg
f0321433_00441824.jpg
はやく、6月にならないかな・・・
今年もTOPのシーズン開幕までもう少しですねぇ











[PR]