<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋のハイシーズンはルアーもそれなりに大きい

なのでフックも当然大きい

大きなフックは魚を掛けた後の安心感も大きい


ネットを見ていると新しいルアーを買ったら即がまかつのフックに変える人もいるみたいですね

確かにガマカツのフックはかなり良い
だけど良いものは当然高い


その為かは定かではありませんが
中古釣具でST46が袋入りで売られていることが多い気がする。

半額程でST46の#2があれば買いだと思います。
一昔前ならど定番ですが、今はがまかつのフックにポジションを奪われている感じですね

フックサイズが大きくなると伸ばされる事も減る

すると重要になるのが針先の鋭さです

ST46等は針先が鈍るのが早い気がしますので
私は使ったら毎回研いでます



フックシャープナーはこれ
f0321433_21573411.jpg

別にownerのフックだから、
という訳では有りませんが砥石自体の耐久力は高く長く使えるところが気に入ってます。

フックの錆を落としたり
針先が少し鈍った程度ならこれで撫でてやれば復活します
砥石に例えるなら中砥から仕上げ砥石という感じ


しかし針の消耗が進むと
さすがに研ぐ力が足りなない

そうなるとこういう粗砥のようなやつの出番

大型フックを研ぐダイヤモンド入りの砥石
こういうタイプの粗めのシャープナーがあると便利です
これでガリガリ削ってから細かい砥石で仕上げる

f0321433_21573071.jpg
包丁を研ぐ場合と同じで状態に合わせた砥石があると便利てすよ
フックは限界付近まで使うのが私の拘り

今日はこの4本でした。
三本がリップルポッパー

夜トップ最高ですよ





f0321433_21572748.jpg





[PR]
先週の大潮は本当に久しぶりに浸かってみましたが魚の反応がほとんど得られず。
最後の締めくくりにレイジー95S月光ホワイトで表層をやや早めに引いたらフッコが飛びついてきた。
なんだか不意をつかれたヒットで掛かりが悪く即バラシ
浸かっても、今年のバラシ病は治まる気配がない・・・

久しぶりに浸かって気付いたこと。
それは、2時間ほどが体力的に限界であるという事・・・老いを感じました。

昔は、仕事終わってから深夜から朝まで浸かっていた事もありましたがクレイジーな体力でしたね。
もはや到底無理な事です。



そんな訳で、今回の長潮のさげっぱなはオカッパリです。
もちろん今回も夜トップ。 
BKRP115をぶら下げる

キャスト毎に明暗から橋脚へと通すコースを少しずつ近づけていく
10投ほどで橋脚際でジュボッと出ました。

橋脚際から強引に引き剥がして上流側に誘導。

サイズは60オーバーというところでしょうか
慎重に寄せて、ロッドを左手に持ち替える。
そしてふんわりと広がるようにクセをつけておいたタモを右手に持つ。

久しぶりにネットイン成功

f0321433_21571950.jpg
掛かり方を見ると、フロントフックが口でリアフックが目の横にガッチリかかっていましたのでフリーなフックが無い分バラす事はほぼ無いような状況でした。
目の横のフロントフックは目を傷めそうでしたので、フックを折ってしまおうかと思いましたがST46の#2フックは簡単には折れませんでした。
かなり外すの大変でしたがなんとか無事にリリースできました。


その後、珍しい事がありました。

それは先日河川でお会いしたビックベイトの達人に再会した事です。
過去多くの方と川辺で楽しい会話をしてきましたが、その時かぎりで再会する事なんてほとんど有りませんでした。
それがこんなにも早く再開するなんてすごくビックリでした。
お互い好きですねぇと思いつつ

これも何かのご縁ですね。




そして、その方の取り込みを手伝う時には内心バラシ病が出ないかヒヤヒヤでした。
なんとか無事に確保成功でほっと一息

超でかいスイムベイトなので魚の大きさが判断しづらいですけど
コンディションの良い70オーバー
くぅ~!! 
バラシ病を吹っ切るかのようないい魚でした
※下記は私が釣ったのではありませんよ
f0321433_21572347.jpg

その後は下流の様子を見て反応が無いため納竿としました。
でかいルアーはデカイ魚を呼びますねぇ


[PR]
少し放置状態でしたが釣りには行ってます。

ですが今年はバラシ病にかかってしまい魚の写真は撮れず。
ろくなネタも無いのですが、
こんな時こそ取り込み中のバラシについて書こうかと思います。

潮周りは悪くても、もちろん夜トップ。
しつこく探るとジュボと出たりするのですが、
先日もまたもやネットインでバラシ・・・・

今シーズンでネットでの取り込みに苦手意識を持ってしまいました。
55センチ丸玉網で鱸のサイズが70を超えるあたりからネットインする事がかなり難しい。
昨年はこんなに苦労していないのですけどね

この秋で70オーバーの取り込みに3回中1回しか取り込めていない・・・
同じネットでフライでコイを釣る時はこんな事はまずないのですがね

ネットインも当然基本は心得ているつもりですが・・・

①網を動かすのでは無く網に魚を誘導するイメージ
②魚の頭から入れる
この2点は子供の頃に父親から教わったことで基本と思っています。

それでも鱸の胸鰭あたりまで入ったあたりで
フックがネットに引っかかる・・・・・
そしてネットに強引に入れようとして暴れられてバラス・・・・
いつもこのパターンなのであります。

なので、今回は原因を考えることにしました。

①ネットの状態をチェック
 私は使ったら毎回洗って以下のように丸めて干しています。
 
f0321433_00262752.jpg
でも、これを広げると

!!
f0321433_00262680.jpg
ネットが靴下みたいになっている。
毎回この状態でも魚の重さで入るだろうと考えていたのですが・・・
この状態だと当然ルアーのフックがもの凄く引っかかるという事に今更気付きました。
こんな靴下みたいにまるまったネットをもっている人あんまり見ませんよね?!


ネットはふんわり広かっている事が大切ですね。
この状態になったら手でひっくり返すなどして広げる必要がありますね。




②取り込み時の持ち手
私は右利きで右投げの左巻きですのでファイト中のロッドは右手。
そのまま取り込むのでネットは左手持ち。
タモの柄は4.5メートルで取り込み時には2メートルほど伸ばして使います
ここで安物の柄の重さの影響をもろに受けます。
数分で左腕がプルプルしてくるので取り込み時に魚に抵抗されると疲労感が物凄いあります。
なので、次回は取り込み時には竿を左手に持ち替えて右手にネットをもって正確に動かして確実に入れるようにしよう。


ああ、
なんか問題は単純な事だったような気がしますね。


そして、最後の問題、
それは秋の河川のシーズンがもう少しで終わる雰囲気だという事




























[PR]
この季節になると夜の下げ潮の下げ幅も大きいので今まで長靴では立てなかった場所に入る事ができるようになります。

いっそう刺激的な秋の釣りができるようになります。


今回は下流のポイントに潮どまり2時間ほど前に到着
潮どまりまで残り時間が少ないのだが長靴では潮位がまだ少し高いので様子見で手前をうろつく。

その間に流れは強くどんどん下げていき30分ほどで理想の場所に立つ事ができました。

今回は橋の明暗ではなく、橋の下流側の流れのヨレを狙うような場所


流れの巻き返しの辺りでベイトが水面から飛び出してキラキラと光るのが時々見える。



おるですね。


もちろんBKRP115を選択するが1投目では反応なし。
その後10回ほど投げたが反応が無い。
出そうで出ない。
もどかしい状態。

ベイトのサイズが小さい様子だった事ともう少しだけルアーを潜らせたいと感じた。

こんな時こそラビット90の出番

激浅でも水面直下をローリングするので食わせる力が強い


流れのヨレの中をやや早めの速度で通すと
ひったくるような強いバイトがあり待望の1尾を掛けたのだが、
その直後のエラ洗いで残念ながらバラシしてしまう。

その1尾をばらした直後に少し下流で水面がざわつき水面が爆ぜた


他にもまだおるですね

一瞬でバラしたショックから立ち直る。


ルアー回収&即キャストで先ほど魚が捕食した場所を通すと

またもやひったくられるようなバイトがあった。

が、その直後に激しいエラ洗いでまたもやバラす。



楽しいけど悔しい。


ラビット90では反応が無くなった為、
少しポイントを休める必要がありそうな気がした
ここでBKRP115に戻しキャストせず様子を見る。
この時スナップが少し変形していたけど強度的にはいけそうな気がしたのでそのまま続行

(この判断が誤りでした)


しばらくすると、速い流れの中で水面が2度程爆ぜるのが見えた

よし、


まだまだおるですね


BKRP115を正面にキャストし捕食位置に向けて流し込む。

ルアーがポイントにさしかかるよりも前にその魚はベイトにアタックしていて
ルアーの先2メートルほどで水面が爆る。
これぞTOPの釣りの一番楽しいシチュエーション。


出ろ・・

出ろ・・・

ボシュ!

出た!!


やや重みを感じた瞬間フワッとした。

???


ルアーが無い。

???




リーダーの先を見るとスナップが開いておりました。


あぁ。。
これは完全に自分のミスですね。


その後、スナップをimaのパワフルスナップに変更し続行しましたが、この3バラシの影響か、
アタリも無いまま下げ止まりで納竿となりました。




終わってみれば非常にもったいない釣りで反省点がある釣行でした。





今秋の釣行から使い始めて耐久テストしていたこのスナップですが、
1ヶ月半同じものを使い続けた結果。
変形して終わりました。

さすがに同じものを使いすぎたようです。

EGワイドスナップ#2では釣行毎に交換しないと不安なのですが、それに比べると凄い耐久力と安心感です。
20グラム前後のルアー投げ続けるこの時期の釣りで十分すぎる強度である事が確認できました。


これから秋のシーズンはこのスナップに決定です。
これは釣行3回目ぐらいの状態。

f0321433_22560517.jpg




このスナップの良いところ

①開け閉めが容易(力は必要ですけど)
②閉じる際の引っかかりがしっかりしているので安心感が高い

私はこの折り返しのガッチリ感から、
少し変形しても、もう少しいけると判断していました。

f0321433_20122303.jpg




今回の釣行後はこんな感じでした。

f0321433_17255031.jpg




結果として

スナップのワイヤーが曲がったら要交換です
新品と比較して開閉に力をそれほど必要としなくなった。
もしくは柔らかくなったと感じたら要交換です





ちなみに途中でimaのスナップが突然現れたのは、
キーホルダーにぶら下げてあるリングに
EGワイドスナップ#2が2個
imaのパワフルスナップ#2が1個
だったという事。
ただそれだけの事です。


私は予備のスナップをキーホルダーにぶら下げて持ち歩くのですが、
このボンバダスナップは「閉じないで売る」という部分までこだわっているので、
予備で持ち歩くだけで閉じるのはもったいないなぁと感じてしまい、
予備は別のスナップを持ち歩いていました。

これからはスナップケースを携帯して予備もこのスナップにしようと思います。



[PR]