6月に入ると、ホーム河川は完全なイナッコパターンになりましたね
この時期は下げ止まりの潮位がジアイの潮位と近い事もあり。
ジアイ自体も長いのが特徴・・とても楽しめます。

重なるようにして浅場を移動するイナッコでザーザーと水面が波立つと
そこめがけてコイやセイゴ、フッコ達が!ボコボコ出る
これぞボイルという表現が当てはまる状況

サイズは20~45の範囲がアベレージという感じでセイゴを量産しフッコを目ざす数釣りのパターン

下記は先週のもの
f0321433_01030389.jpg
f0321433_01030510.jpg

本日も、雨の中2時間ほど行って来ました
雨の影響でゴミが多く釣りにくい状況でしたが、TOPへの反応が良かったです。
写真は雨の影響なのか?
カメラのフラッシュが動かず黒い写真しか取れなかったのでありません。
セイゴ:2、フッコ:1 バラシ4・・・


[PR]
数年前に自作して使っていましたが、1シーズンに1つは無くしてしまい。
一つも無くなってしまいましたので作り足す事にしましたよ。


ラインをスルスル通すための道具なんですが、一度使うと手放せなくなります

材料は
①使用しなくなったフライライン (30センチほどにカット)
②自動ハリス止め

大体それだけ

今回使用したフライラインは、ブレイテッドコアのものを使用しました。 
私は少し長めにする事でリールにしっかり巻き込んで止める事ができるようにしています。

落としてもすぐに見つかるので視認性が高いカラーがオススメですよ。

2センチほどコーティングをはがしてから自動ハリス止めを取り付ける
使い古したPEラインで巻きとめる。

今回は熱収縮パイプを上から巻いて少し丁寧な仕上げにしました

f0321433_01285880.jpg


f0321433_01290280.jpg

私は16LB~25LB(4号~6号ぐらいかな?)のリーダーを使うことが多いので大きめの自動ハリス止めを使いました
よく使用するラインに合わせて自動ハリス止めのサイズを選んだ方が良いと思います。

家でラインシステムを組んで、リーダーの先端にこの自動ハリス留めをセットしておけば、現場でのタックル準備が快適になりますよ。

一度使うと手放せません。





[PR]
世間は、サッカー観戦一色な日でしたが、
6月最高の潮周りのタイミングでしたので家族で海の公園にいってきました。
f0321433_00045529.jpg

潮が引くまでは、木陰でワンセグ見ながらのんびり過ごす
潮が引いてくると人も増えてきました。

f0321433_23333281.jpg

潮干狩りは家族みんな大好き。(子供達はカニ>アサリですけど)

そろそろですね。
道具はこれ。
(ゴム手袋と洗濯カゴ)私はルールを守りつつ、これが最強の装備だと思います。

手先の感覚で貝を砂ごとカゴに入れる。

手先の感覚で貝を砂ごとカゴに入れる。

手先の感覚で貝を砂ごとカゴに入れる。

それを繰り返して、しばらくしてかごを揺すって大きな貝だけをネットに入れる
f0321433_23420146.jpg

狩りに出撃です
f0321433_23333221.jpg

手前のエリアには貝はほとんどいない・・・
やはりGWでけっこう根こそぎ狩られてしまったのか?
 
 
でもね。今日は覚悟が違うのだよ・・・

大人がパンツを濡れる事を気にしないということは結構な覚悟ですよ
すこし先まで歩いて肩まで浸かって掘る


そして結果はコレです。
f0321433_23333285.jpg

砂抜き用に現地の海水を汲んでくると家での砂抜き効率が非常に良いです。
元気よくぴゅぴゅっとやってました。
f0321433_23333215.jpg


そして、お楽しみ 
ペンネを使った、ボンゴレ風
f0321433_23482267.jpg

バター醤油
f0321433_23481862.jpg

アサリご飯
f0321433_23521773.jpg
満腹

アサリを一気に食べ過ぎたようです。

残りは冷凍にしました。










[PR]
そして深夜の釣りの後のお昼頃

カミさんと二子に出かける事になりましたが、子供達も学校ですので、
各自自由行動という事で・・・河原に急遽行って来ました

予定外の釣りでしたので、河原でサーチパンを準備
f0321433_22501253.jpg

DHにテープを巻いて準備完了
f0321433_22504883.jpg

とても暑い夏日・・・

f0321433_22504802.jpg

f0321433_22504899.jpg

そして静かなな平日の河原・・・のんびりとした時間が心地よい

水質は、透明度が高くクリアな状態・・・クリアすぎて魚が少ない事もすぐに確認

f0321433_22510659.jpg
クリアなのでこんな小さな亀を足元で発見
f0321433_23215977.jpg

少し下流の合流点を確認・・・濁りがきつく魚はいない
f0321433_22510632.jpg

本流は、増水と白くにごりが入っていました。
やはり、魚は見えない
f0321433_22510635.jpg




f0321433_22510679.jpg

標語橋上で粘る事に決めサーチ開始・・・
 
すると、上流の方向で雷鳴が。。

振り向くと、いやな空模様
風が急速に強く吹き始めました。

f0321433_22510601.jpg


危険を感じ撤収準備し移動すると、雷鳴の方向は雨のカーテンが・・・
f0321433_22510745.jpg

やばいので急ぎ足で撤収・・・二子橋の交差点付近で大粒の雨が降り出したので駅までダッシュ・・・

その直後・・・嵐

f0321433_23113340.jpg
帰りの車から見た空は、青空・・・

なんて日なんでしょう。
釣りをさせないようにする為の神様のいたずらでしょうか?

f0321433_22510684.jpg
もちろん、ボーズですよ





[PR]
平日に年休
大潮周りですので平日の静かな河川を期待して出撃しました。
タイミングは深夜からの上げのタイミングでしたが、先行者二人いました。

大潮のメジャーなスポットは平日でもプレッシャー高いですねぇ 
なので橋脚や明暗ではなく人気のない場所に入り、完全な暗部をねらう事に


TKRP⇒フェイキーDOGで表層を探るも反応なしなので
サンダーブレード⇒RBへローテーションしルアーピックアップ直前にバイトしたセイゴ1ばらしと、
その後も水中での首振り2回でフックアウトの掛け損ない・・・・ロッドに伝わる重さではフッコぐらいかな?
 
増水の影響で潮位が高くいつもと状況は違いましたが、
トップとバイブレーションだけしか使わない季節に入った気がします。

結局朝はボーズで終わる

満月が大きく夜でも明るい日でした。
 
昼の部へ続く・・・・










[PR]
先日の70アップに気分上々でGW中2日ほど同じポイントに入りましたが、
結果は惨敗・・・
 
共に明け方の上潮のタイミングでしたが、一度バイトがあっただけで掛けられず
魚の気配はかなり薄い感じでした。
 
途中で85歳のお爺ちゃんアングラーにお会いしました。
橋をランガンで狙っているとの事でした。
その歳まで元気で釣りができる事ってすごい幸せだなぁ・・・と感じました。
 
このおじいちゃんに上潮をお勧めされたので、2度上げの様子を見ましたが難しいですね。
 
個人的には下げ好きなので次回は下げのタイミングで行こうかと思います。


あと1ヶ月もすれば梅雨のTOPパターンも始まるので楽しい季節になりそうですね。










[PR]