前回の完全ボーズで締めくくるつもりでしたが
大潮なので懲りずにまた行く。

下げ止まり前後の2時間の釣行

河口に立ちこむ・・・
今夜は手袋が不要なので気温は少し高いと感じながら河口に入る。
この時期は下げ止まりも10センチを切るので非常に浅く、馬の瀬などの地形変化を確認するのにはベストな時期です。
今夜は立ちこむといっても踝~脛ほどの水深です。

ベイトっ気の無い状況でひたすら粘ってみました。
上げの流れを感じるまでキャストを繰り返しましたが、またもやボーズ

やっぱりこの時期の河川は難しい。
それでも魚を手にしてる人はいるので、私はまだまだ修行が足りないですね。

私的には今年のルアー釣りはこれでおしまいです。

一段落なので08バイオマスター4000sを分解整備
変色して固くなったグリスを除去し新しくする。
f0321433_19380300.jpg
完了

f0321433_19380341.jpg








[PR]
もしかして、
まだある?

と思って出撃しました。

夜明け前の下げ潮・・・
寒し!!

タックルも弱気のMLクラス
ラインも0.8号
ルアーも小さめ
f0321433_23224959.jpg

釣果はもちろん。

きました

1バイトすらない

完璧なボーズ

締めくくりは、

やっぱりいつも通り・・・

この時期の河川は難しいですね。
たまに交通事故のように不意打ちで釣れるけど
次につながらないですよね。




[PR]
ボンバダスナップ、オーヴォ。
この秋のシーズンもやっぱりこれは頼りになる。

#2サイズがお気に入り。
この強度より下を使うならばエバーグリーンのEGワイドスナップ#2で十分と思う。

閉じやすい、ルアーのロストし難いという理由から通年スナップのサイズは#2です。

今回はネガティブなインプレ

さて内容ですが、上が新品で下が今回問題のあったもの。

f0321433_23430017.jpg
下のものは初めて閉じた直後から
閉じようとすると、これ以上奥に押せずになかなか止まらない。
ワイヤーが太いだけに、力で押し込むのも一苦労でした。
f0321433_23433399.jpg
それでもなんとか押し込んで使いましたが、
指が痛い・・・

なんだかハズレの時もあるのかもしれませんね。

でも強度はとても素晴らしいと思うので変えるつもりは無いですね。



過去のインプレ







[PR]
今年も、futakodeffさんに道端で拾ってもらって毎年恒例の川越に行ってきました。

フライのイベントです。
最近はルアーばかりの私ですが、
けっこういいものありますので毎年楽しみにしています。

暖かくのんびりしたフェスタ日和でした。
f0321433_18065879.jpg

お楽しみ①、各ブースのアウトレット品などのアイテム

今年も最初は双進をチェック。
試作モデルのウェーダーを激安価格でゲットです。

シマノのロッド「Asquith」の曲がりがやばいですね。細い上に恐ろしいほど曲がる。
1、2番がすごく気になりましたが値段をみてびっくり。
ハイエンドモデルはやはり手が出ませんねぇ。

お楽しみ② 男の鉄鍋会のグルメ
豪快かつ絶妙な男らしい料理にインスパイアされる事もしばしば

f0321433_18065891.jpg
f0321433_18065946.jpg
今年は、鰻の炊き込み茶漬けが絶品でした。
作り方聞いたので、家でやろうと思います。
f0321433_18065901.jpg
試作のウェーダーとUSEDウェーディングシューズを購入。
めちゃくちゃ安かったです。
サラリーマンアングラーには嬉しいイベントですね。

f0321433_18070076.jpg
装備が整うと
年内にもう一度行きたくなっちゃいますねぇ・・・



日中を一人で釣りに関する時間に費やすのは年に数回の私にとって
貴重で楽しいイベントでした。
皆さまに感謝です。







[PR]
これで今年は最後かなと思いつつ、先週末、そして昨夜と2度も出撃

シーズンオフは0バイトの完璧なボーズで締めくくる事が多いが
先週はBKRP115に2度ほど出た。
キャッチは0なのだが、反応があったのは嬉しい。

私の中で1つのターニングポイントと決めていた今回の大潮周りでシーズンオフを実感する為の釣行に行ってきた。

下げ止まり1時間前から開始の為、今夜は下げ止まり~あげっぱなを挟んだ2時間ほど前回良型の出た河口に立ちこむ事にした。

グローブの必要が無いので、今夜は先週末より少し暖かいのだが
釣り人は見えない。
寒さでベイトが減ると鱸も減る。そうすると釣り人も減る・・・河川のシーズンオフを感じる。
先週の冷え込みでベイトがだいぶ減った気がする。

この時期になると下げ止まりの水位がかなり低いので、前回の大潮まわりでは膝まであった水位が今日は脛ほどしかない。
手前の浅瀬にところどころにある牡蠣殻の馬の瀬にBOOTS120のフックが当たる時があるほど・・・

BKRP⇒BOOTSといつもローテーションで様子を見るがまったく反応が無得られない。

この展開は想定通りであったので今回は、シンキングペンシルを多く用意している。

大きめのシンキングペンシルで橋脚の向こう側の流れと駆け上がりを狙う。

前回実績のあったブルースコードⅡ110では反応が無い。
下げの流れが速く深めのタナにいる鱸に届いていないと思われる。

ハニートラップ95Sに変更して1投目。
キャスト後に少しラインを送りこんでルアーを沈めた後、ロッドをゆっくり立ててゆっくり巻き上げた時にコツンとバイトがあったが浅い食い込みであった為、即バレる。

このアタリでヒットパターンがつかめたので、重めのシンキングペンシルでローテーションを開始すると、マリブ(大)でまたもやカツっとバイトがあるが乗らない。

やはり沈めてゆっくり流すパターンだと確信する。

下げ止まりから上げに入ったころ、オグルS(大)を流していると、ガツンと深いバイトがあった。

いい魚がまだ残っていました。
f0321433_10225352.jpg

スタイルの良い70ちょっと
夜の短時間しか釣行できない家族持ちサラリーマンアングラーには、河川から抜けた鱸を追ってサーフなどに行く事はかなりハードルが高い(いろいろと代償を払う事になる)・・・
なので、これが今年を締めくくる鱸になりそうだ。
f0321433_10230002.jpg

今夜のローテーション
ヒットは右側の3つ。
ヨレヨレは期待大でしたが、流れが速く濁りもあるので
アピール力が足らなすぎる。
f0321433_10230317.jpg
あとは、恒例の納竿釣行ですね















先週松は

[PR]
# by keirokulog-16 | 2016-12-03 11:02 | Comments(0)
おそらく、あともう少しで川から生命感がなくなる気がするので、
残された時間は少ないと予想する。
小潮のさげっぱなにいつもの河川に行ってきました。

ポイントの状態は小潮で北風も吹いていない為、川面も静かです。
時折イナッコの小さな群れが通り過ぎるだけ
それも追われる気配はあまり無い

静かですねぇ・・・

もちろんTOPでスタートする。
ベイトが少しでも見えれば、モチベーションは落ちません。 
TOP中毒者ですので・・・

到着直後に出会った釣り人と、会話しながら釣りをしてBKRP115に2度ほど出たのだが、のりませんでした。
さすがにTOPは厳しくなってきたので、水面直下を探る為ブーツ120に変更する。

ブーツ120は水面をわずかに盛り上げる程度の弱々しい引き波を出して水面直下を引く事ができる。
BRP115⇒ブーツ120のローテーションは水面まで出てこないやる気のある魚を効率よく狙う事ができる上、魚をスレさせにくいので信頼しているこの時期の私の必勝ルーティーン。

数投でブーツ120を水面下でひったくるようなバイトがあった。

しかし、即ばれる・・・・

釣り人と話をしながら、3打席連続の空振り

釣り人と楽しく会話しながらの釣りでしたので、今夜のルアーには殺気が無かったのだと思います。
これ結構重要な点ですね。

その後、その方は対岸へ入られ良い魚を掛けていました。さすがです。

釣り人同士がフィールドで交わす会話はとても楽しく、情報密度が濃い。
情報が溢れるほどのネット社会でも、自分の引き出しを増やすような情報はフィールドでしか得られないと思います。
今夜もそんな有意義な会話をお互いできたと実感する日でした。

その後、ランドラゴ120で初のヒット。
小さいので抜き上げました。
f0321433_21210285.jpg
本日のローテーションはこんな感じです。
先日、良型を挙げたブルースコードⅡ110は高切れでロスト・・・
思い入れ入った直後なだけに悲しい

BMCやランドラゴなどのフローティングペンシルは、河川で釣りをする釣り人なら使いたいルアーだと思います。
私も、そのような思いで使っていましたがなかなか釣果が出せていませんでした。
鮎のいない都市型河川での使い方を模索する日々でしたが、少しずつ使い方が見えてきた気がします。

f0321433_21210267.jpg
BKRP115(一番下)の、針掛かりが悪かった原因はおそらく、
今回初の試みのシングルフックの地獄針仕様が悪かったのだと思います。
最初にフッキングするベリーのフックはトレブルフックの方が良いですね。

寒さも厳しくなりましたので、
次の大潮がターニングポイントになりそうですね。



[PR]