暑いですねぇ。
台風が通過してから、多摩川は増水気味な状況が継続していますね。
源流の深さが鶴見川とは違うので雨の影響が長期化します。
鶴見川は台風通過直後(厳密に言えば通過中)の夜に見に行きましたが、水位はやや高い程度で流れは普段と変わらずでゴミが多い状況でした。
期待した突発的フィーバーもなく、1バイトすらありませんでした。

さて、今回はささ濁りの残る多摩川の淡水域の釣行です。

トップで反応が得られないので、今回は手に入れたばかりの覇王を試してみることにしました。
限定カラーという割に沢山並んでいたので、たまらずとびつく・・・
メーカーの思惑通りですねぇ。
自宅から最寄りの上州屋は竿抜け的な店舗で、限定カラーの類も多くあり結構お気に入りです。渋谷とかの上州屋は人も物も多いですが、欲しいものはないことが多い気がするなぁ。


f0321433_13240470.jpg
中古ではなく、定価で買うなら色とか選びたいですよね。
改めてカゲロウ124Fをアップにキャストして流れの中を流すこと2投目で、竿先が強く引き込まれるほどの深いバイトがあった。流れが早いのでしっかり食ってきますね。

浅いのでエラ洗いを連発でしたが3本フックなので安心感が違いますね。
楽しい1尾でした。
f0321433_13241061.jpg

覇王がいい感じなので、このまま覇王一本で勝負してみることに。


ちょっと場所を移動すると、今度は流れの反転流の中で食ってきました。
同じくらいのサイズですがこれも元気が良い魚でした。

f0321433_13240735.jpg

直後にもう1尾掛けましたが、バラシ。

明暗ではなく完全なオープンエリアでの微妙な変化を狙う釣りですが、ここの魚の好む流れの速さが少し分かったような気がします。
夏の淡水釣行はウェットウェーディングスタイルが良いですね。

しかし・・・すごいぞ覇王
ベイトっ気も少なく、捕食音も聞こえない状態でただ流れが良い感じという状況のなか、移動しながら1時間ちょっとで3ヒットは出来すぎ君です。
ここに魚いるのね・・・ということを発見できた釣行になりました。

釣りをして気付きましたが、一見マットな感じですが濡れて光があたると艶めかしく光っています。
朧ボラ凝ったカラーですね

家で濡らして写真撮ってみました。

f0321433_20294399.jpg


こりゃ秋のハイシーズンが楽しみだなぁ。




[PR]
久しぶりに外食でした。

野菜不足が気がかりな毎日でしたので野菜の評判の店に行ってきました。
一皿に25種類の野菜が乗っかってます。
f0321433_22340985.jpg
f0321433_22341330.jpg
一食で食べる野菜の種類が人生で一番であった日になったと思います。


後日・・・

インスパイアされて自宅で作ってみましたが、
なんか普通・・・


f0321433_20281019.jpg

インスタ映えとかとは無縁な出来

盛り付けのポイントは高さだと思いますが
低く盛ってしまったですよ。


家でではコスパも大切なのでここらが限界ですかね

野菜そんなに買えないっしょ・・・




[PR]
少し前のことですがオープン前の大磯ロングビーチ

今年もトライアンスロンの季節が本格化しましたね。
f0321433_22340562.jpg





[PR]
ようやく夜トップが楽しいシーズンになりましたね。
オープンエリアでのTKRP914での釣果。
シンキングモデルですが、これも完璧なトップルアー


f0321433_22124056.jpg
橋脚側面際でTKRP912での釣果
際をネチネチやるならフローティングが使いやすいですね。

潮周りが悪いのでベイトはとても少ない。
静かな水面が広がっています。
いるとすればここしかない。
そんな、橋脚側面の壁際スレスレを狙うと、水面と壁に挟まれた状態であるため、魚のやる気スイッチを強烈に押したようです。


f0321433_22124743.jpg
何度もパワフルに走る元気な魚でした。




[PR]
雨後の河川の様子を見てきました。
岸際は稚鮎でいっぱいでした。

f0321433_22042793.jpg
遠投して流すこと数投で水面が大きく爆ぜた。
良型のナマズがTKRP912に飛び出した。
お腹たぷたぷのナマズ。
私と同じですねぇ

f0321433_22043236.jpg
距離ある位置でのヒットはトップの釣りで一番楽しい瞬間。
そんな一尾でした。

今夜は本命はお留守のようでした。

[PR]
潮周りが悪くても、潮の影響の無い堤上は釣行タイミングを調整しやすい。
そういう意味では結構お手軽なんですよね。
週末の雨は、川の様子を”いい感じ”にするであろうと妄想しながら行ってきました。

ポイントに着くと、予想通りの軽い増水、浅瀬に鮎らしきベイトがたまっています。
前回釣れた時と同じ雰囲気。



最初はトップで様子を見ましたが、反応が無いのでシャロール75Fを速めに引くとググンと竿が引き込まれる。

瀬の手前を速めに引いて食ってくるので、かなりの速度で追っかけてきて食ってると思われる。
今夜のナマズは高活性のようです。



f0321433_20164553.jpg
しばらくして、同じようなサイズをもう一尾追加。

f0321433_20193027.jpg
他に1尾掛けましたが、激しい抵抗にあいバラシしてしまいました。
後のナマズは10センチほどの半消化された稚鮎を吐き出しました。
※消化され白っぽくなっており写りが悪いです。
f0321433_20234069.jpg
やはり、鮎を狙っているのは間違いないようです。

その後、鮒がスレ掛かる。
f0321433_20213760.jpg

その後、量型の鮎が立て続けに2尾スレがかり、
f0321433_20255493.jpg
f0321433_20260038.jpg

今夜は賑やかですね。

そして、ついに本命に会えました。
f0321433_20273816.jpg


やっぱり堤上シーバスはロケーションが良いのでとても癒されます。
サイズは小さくても銀ピカでコンディションが良い魚が多い気がします。

f0321433_20284442.jpg

サイズは40あるかないかですけど楽しめます。

この後、2尾バラシで終了でした。
魚影は多くはないので、少ないチャンスをものにできないと釣果が伸びませんね。
今夜の釣果もすべてシャロール75F。
釣れるルアーですねぇ。
少しカラーを増やしてみようかと思います。





[PR]