堤上シーバス

昨夜の潮周りでは、いつものポイントでは釣果が期待できませんので布団の上でどこに行こうか悩む。
それとも寝ようか・・・と考えながら雨の状況を確認する。

雨雲の様子は、多摩川上流部にて強い雨が降ってるようだが、下流部は雨が降らない予測となっている。
また、今年の相模川の鮎の遡上量は過去最高の規模(1ケタ違う)らしい、
多摩川も同様に今年は多くの鮎が遡上してるらしい。

という事で良い結果が期待できそうな多摩川へ向かうことにする。
(調査中の河口部ではなく、鯉釣りで慣れた中流域です)

上流の雨で増水し変化があると予測し昨年調査済のベイトが溜まるであろうポイントへ向かう。
予想通り水位がやや高く流芯の流れは速い。
大きな草などの流下物もチラホラ見えるので上流では結構雨が降っているようです。

水位が上がり河原の草が少し水没し流れが緩い場所がある。
そんな場所にベイトが入り込んで溜まっている。
岸際にいるベイトはおそらく鮎? だと思われる。
水深10~40センチほどの超シャローの釣りなので投げれるルアーも限られる。

まずトップで探ってみる。
流れが強いのでリップルポッパーは使いにくいのでTDペンシルに変更すると水面が爆ぜた。
だけど針先が軽く触れた感触があっただけ。


その後、ルアーをミノー(シャロール75F)に変更し早巻きで探っているとガツンと強いアタリがある。
超シャローなのでマス釣りのように水面を何度も飛び出しヒヤヒヤしながらも無事にランディング。

昨年から調査開始していました多摩川の堤上シーバス。
2年目にしてやっと魚に会うことができました。
ポイントを探して、タイミングを考えて捕った堤上最初の一尾はサイズに関係なく嬉しいです。
やっぱり鮎を追って上がってきてました。

f0321433_09441580.jpg
このあと、同じようなサイズを掛けましたが、これまた何度もエラ洗いされた後バラしてしまいました。
この他には50センチ前後のナマズが、数匹うろうろしていましたがルアーを見ると逃げ出すので反応はイマイチでした。

ラビット90のサイズダウン版ではないですが、似たタイプのルアーという事で気になっていたシャロール75F
この手のルアーは、お腹と背中の色が対象色である方がアピール力が強いのでそんな色を選択しました。
この時期のシャローゲームのローテーションには一軍としてボックス入りですね。
f0321433_09441288.jpg







[PR]
by keirokulog-16 | 2018-06-10 10:50 | FRESH WATER | Comments(6)
Commented by futakodeff at 2018-06-10 23:53
シーバスはやっぱり上がってるんだ⁈
ナマズ君は昼間は泥かぶって寝てる奴は見かけたけど、動いてるの見たことない。
ルアーが危険だとわかっているならフライで釣れるかも?
Commented by keirokulog-16 at 2018-06-11 06:05
ナマズは夜のお食事タイムではすごい元気に泳いでますよ。
静かにしてれば足もと付近もウロウロします。
逃げるのは、追いかけているベイトの出す波動とルアーの出す波動が違いすぎて警戒されているのだと思います
Commented by futakodeff at 2018-06-12 10:11
鯉もナマズも透明度の低い所では視覚より嗅覚と聴覚が発達してるから波動には敏感なんでしょうね。
ちなみに透明度の高い渓流のトラウトは視覚か発達しているみたいで、フライはシルエットを大事にするのでしょう。
Commented by keirokulog-16 at 2018-06-12 22:21
そうですね。まして夜の釣りなので視覚意外の情報に敏感なのですよね。
トラウトは見切りが凄そうですね。
だからフライは奥深いですし、マッチザ○○という言葉もトラウトから生まれた言葉ですよね。
話は変わりますが、タイミング良くプロが多摩川堤上シーバス釣行している動画があります。最近の釣行なのでとても参考になりました。
今年はマルタを探して歩き回ったので映像から場所は全てわかりました。
始まりは平瀬川との合流点からで二子橋周辺のシーンもありましたよ。

YouTube · fimoTV
多摩川堰上シーバス釣行/大野ゆうきのImpossible Game

しばらくは淡水のスズキにはまりそうです
Commented by futakodeff at 2018-06-16 00:45
最近二子橋でルアー投げているおっちゃんがいるけどシーバス狙いだったんだ。
釣れたところを見たことないけど、釣れるんだろなぁ。
Commented by keirokulog-16 at 2018-06-19 20:57
こんばんは、ネットの影響ですかねぇ?
でも、なかなか釣れないんですよ。

一尾の価値を味わいたいマニアな世界だと思います。
先日も行きましたが、空振りでした。
ブームもすくに冷めると思います。