今週から通勤で二子玉川から見える川の様子が変わった気がする。

先週より明らかに水鳥の数が増えている。
落ち鮎狙いで集まってきてる鳥ではないのか?
そんな妄想ばかりでもやもやした一週間をすごしました。

そして待ちに待った週末です。

リップルポッパーで気になる流れを一通り確認した後
カゲロウ124F⇒サルディナ127Fでローテーションするが反応がありません。

前回よりも水位はさらに下げ平水位となり、水質もクリアになっています。
経験からすると釣りにくい状況かなと思います。

強い流れは対岸寄りになっているので飛距離が欲しい。
スウィングウォブラー145Sライトを試してみることに。
このルアー動画を見て一目ぼれしてしまいました。
動画の冒頭の遠距離でのヒットシーンを見たらたまらないですよね。

ペンデュラムキャストをすればFoojin'Z BEAST BRAWL 86MHでも問題なくキャストできる重さです。
さすがに145センチ、43グラムなので入れたい流れにとどきますね。
個人的にですがリップルポッパーのWORKS(9/14)に近い使いごこちです。
重さを感じないほどの浮き上がりの速さでシャローでも使い易いです。

アップクロスでキャストしトップより微妙に下のレンジを流すような感じで探ると数投でドスンとフッキングした。
フックも大きいので安心してやり取りができますね。

f0321433_12475308.jpg

丸々としたコンディションの良い魚でした。

少し下流に移動し同じように流してみると、またもやドスンとヒットしました。
お腹パンパンで重たい魚でした。

f0321433_12475143.jpg

スウィングウォブラー145Sライトやばいですね。
めちゃくちゃ釣れる。

f0321433_12474969.jpg


今回のローテーションはこのようなラインナップでした。
ビッグベイトに手を出す日もそう遠くはない気がしますねぇ。

f0321433_12474553.jpg


これって落ち鮎パターンではないのかなぁ・・・

確信が持てませんが、そんな気がした釣行となりました。





[PR]

ブログをだいぶ放置してしまいましたが、秋ですのでもちろん毎週釣行しています。

ひと潮周り前の出来事ですが、
同じ河川をホームとしていて、年が近い、そして家庭持ちとは思えないほどのとんでもないほどの釣行数と熱意の持ち主とお会いする事ができました。

昔は釣り仲間と情報を交換しながら並んで竿を振る事はよくありましたが、ここ何年も単独釣行しかしていないので、個人的にはとても嬉しい出会いになりました。
河川、ベイトの状況を共有できること、お互いの釣果を楽しみにすること。
この感覚は久しぶりでワクワクしています。

さて釣行内容ですが、
一回り前の潮では、久しぶりに超メジャーポイントの様子を見てきましたが、釣果ははし。
その後の大潮では、金曜日の深夜に河口にウェーディングするも、前回のような爆発はなく。1バイトも無いまま終了。

そして先週の日曜・・・

タイトルに記載の通り、最近とても気になるキーワード「落ち鮎パターン」
まだ、未経験なので何かを得たい。

その調査の為に釣行しました。

水位は平水時より15センチほど高く、笹濁り。
状況は良い感じ。

短時間であるため、
好調のカゲロウ124Fでドリフトで探るが何もない。
巻きで探るも何もなし。

レンジを下げるためサルディナ127Fでドリフトで探るが何もなし。
なので巻きで探る。

早巻きを試したら急に竿先が絞り込まれた直後凄いトルクで下流に走りだした。
早巻きなので、鯉の背中に引っ掛けた・・・

グイグイ下流に走られる。

寄せては走られを繰り返してた後、ようやく浅瀬にズリあげようとしたら
フッコでした。

f0321433_23022186.jpg

ファイト中にエラ蓋にかかったリアフックだけになり取り込みずらかったようです。
びっくりな釣果でしたが、魚いますね。
ベイトっけもなく、捕食音も聞こえない状態でも結果が出たのは良かったです。

でもこれは落ち鮎パターンというやつではないですね・・・




[PR]
台風がくる前夜、秋の定番スポットに2時間ほど浸かってきました。
時折降る雨で川はささ濁り、水位は平常時と差は無いが流れは速い

雰囲気はかなり良い

ラメに塗ったBKRP115で探ると数投で水面が爆ぜた。
だが、しかしミスバイト。

以降が続かない。
しつこくBKRP115を投げ続けると、塗ったラメ塗装が日焼け後の皮が剝けるようにペロッと剥がれてしまい。ラメがほとんど剥がれてしまいました。

方法を変えないとダメですね。

なので、ここは頼れるウサギ様に頼むことに

するとガツガツバイトがある。
サイズは小さい(30~40)がこのぐらいの魚が、次々ヒットしてくる。


f0321433_22063103.jpg

しばらくするとアタリが遠のいたので、ラビット90のシンキングに変更し
流しの釣りに切り替えると深いバイトが出た。

ちょっとサイズアップ

f0321433_22062167.jpg




f0321433_22063525.jpg


バイトは多数ありますが掛けられたのは10回、
最初は丁寧に取り込んでいましたが、サイズアップしないのでだんだん雑になり、腕に乳酸がたまってしんどくなってきたので、
ロッドパワーに任せた雑な取り込みで、足元で3尾ほどオートリリース。

他は強引な寄せの末に浅瀬でエラ洗いでバラシ

結局取り込めたのは4尾でした。
写真は1尾写りが悪いのでありません。

ラビットいいね(今年も)
あと、何年も前にイベントで500円なのでまとめ買いしたペニーサック99SP

これもサスペンドなので流しやすいですね。
これて1尾掛けましたが橋脚の隙間には入り込まれバラシました。

今夜はこの辺が反応良かったです。

f0321433_22062652.jpg







[PR]
そろそろ、良型がトップで出る季節ですので
中潮1日目の下げっぱなで釣行してきました。

今の時期ですと中潮1日目の朝の下げは、それほど強くもなく
ベイトの数も少なく感じる。

ランガンするも、橋には先行者がほぼいるので、
しばし様子を見てから、何もせずに通過・・・

どの橋も思ったほどベイトがついていない感じです。
平日の雨の影響なのか、
釣り人に反してベイトや本命の数が少ないように感じる


メジャーな橋は先行者がいるので当然入れない。
なので橋の上から明暗の観察をしていると、

先輩アングラーが声をかけてこられました。
その方は最近は釣りはしないそうですが、
散歩がてらに川を見に来るようで
いろいろな昔話や情報を頂きました。

そこで得たのが今と昔の明暗の違いについて

ここ最近は照明のLED化が進んでおり、
照明がLED化されている橋もあります。

そんなLED照明に切り替わった時に
反応が良かった色について教えて頂いたので
早速この週末で準備をしてみることにしました。

この季節からの頼れるスタメン
ブーツ120、BKRP115、
ついでに予備箱に眠っていた
フィードシャロー105
を100均アイテムでカスタマイズ


f0321433_15492798.jpg

なんでも、
LED照明にはラメが良いそうな・・・

ベースが何色のラメか聞き忘れましたが、
とりあえずはラメチューン完成

リップルポッパーの使い方やいじり方などの方向性はその方と同じ考えでしたので
意見が合いすごく楽しい会話ができました。
また、90アップを狙うタックルやルアーに
ついてベテランの考え方等も聞く事もできました。

タイムリミットが迫っていたので
20分ほどの会話でしたが、
時間があればもっと話をしたかった
ボーズでも、得るものは大きかった
そんな有意義な釣行に満足しつつ
急ぎ足で帰宅。


[PR]
昨シーズンの秋からリーダーはナイロンを使用しています。
サイズが小さいころは柔らかめの竿ですのでフロロも使っています。
(使わないともったいないので・・・)

秋からは、投げるルアーのサイズが大きくなるのでパワーのあるロッド
の出番が増える。

トップや表層が主なのでナイロンの比重は都合が良い。
PEラインに強めの竿なので、どこかにクッションが必要。

そうなるとナイロンが都合が良いですね。

今はコンパクトかつソフトなケースが気に入って、
よつあみのリーダーを使っています。
f0321433_18313932.jpg
ナイロンラインの進化はフロロのような丈夫さや、
伸びにくさを求めたり
逆にフロロラインはナイロンのようなしなやかさを求めたり

最終的にはしなやかで、根ずれに強く、クリアなライン
それでいて比重や伸び率を選べるようなライン
そんな糸が誕生するのでしょう。


釣行毎に交換するのでコストパフォーマンスの向上も必要

お手頃なナイロンラインを探しており
個人的にはDUELのカーボナイロン®も良い感じな気がする
気に入ったらネットでボビン巻きで買うのが一番お得ですね。


[PR]
職場でチェックした空は、それほどの雨ではない様子でしたので
帰宅後に久しぶりに浸かってきました。

予想に反してポイントに向か途中から、そこそこの雨が降り続いており、ポイント到着するも水位が思ったほど下げていない。
上流で纏まった雨がふれば一気に増水するかもしれないという不安から、普段より岸際をうろつく。

しばらく様子を見ていると、水位は少しずつ下げているので、増水の心配はとりえずなさそうなので流れに近付く。

ベイトの気配は少ないなが、流れといい濁りといい、雰囲気はかなり良い感じです。

ルアーも、秋を意識して大型に入れ替えたし最初の1尾が欲しいところ・・

昨シーズンには無かった14センチクラスのルアーが加わりかなり大型化してきました。
これだけあって沈むルアーは2枚目一番右端のブルースコードⅡのみ・・・
かなり偏ったラインナップなのは例年通りです。

f0321433_18313541.jpg
f0321433_18313719.jpg

結局最後まで雨が降っており、雨の中2時間ほど投げ続けましたが、アタリすらないボーズです。



[PR]