カテゴリ:SALT WATER( 90 )

秋雨ですねぇ
雨が降ったら、釣り人が多い時期でもプレッシャーが減ると思い
小雨の中いつもの河川に行ってきました

だが
しかし

パラパラ降るぐらいの雨の予想が外れかなり激しい雨と風・・・
そして、これまた想定外で私と同じ考えの釣り人が多い・・・

ハイシーズンですからねぇ・・・

結局、
今回もAGAKEに一度出たけど、はじかるようにルアーが吹き飛ばされた・・・
相変わらず魚を引き出すちからはすごいありますね。

結局この日はこの後何もなくボーズで終了








[PR]
そろそろ夜の下げも本格化してきますので、今まで入れなかったポイントへ入る事が可能になってくる頃ですね。
調査を兼ねて今シーズン初となるウェーディングをしてきました。

ネオプレーンウェーダーとウインドシールドのソフトシェルジャケットにレインカフスそしてフローティングベストと久しぶりに完全装備です。
冬になるともっと着込む必要がありますので、今は比較的軽装で立ちこめる。
この時期のウェーディングが一番心地よい気温と水温なので、できればゆっくり浸かりたいのだが
現在の下げ止まりの潮位では釣りができるのは、下げ止まりの前後合わせて2時間ほど

さて状況は・・・

下げ止まりまでは今一つでしたが、上げに入るころからベイトが見えはじめ
水面をもじるように泳がせたアガケ120に水柱が上がった。

大きさ的には60前後という感じです。
この場所は岸から数メートルほどしか入らないので、ネットは使わずズリあげるのが
私のやり方。

今回もズリあげようと竿を立てて後退すると、この魚は自分の足元に向かって突進し背中側に抜けようとする。
ロッドとライン角度が厳しくなりロッドを守ろうと少し角度を変えたら
足元でルアーがポロリ・・・

この勝負は私の負けすね。
サイズがまあまあ良かっただけに悔しいです。


その後は表層では反応が得られない状況が続くが、
捕食音も小さいが時折聴こえる。
音と飛沫から魚のサイズが小さいようなのでルアーを9センチサイズに変更する。

RABIT90のウサギの耳が水面をかすめる程度に早巻き引くと
がつがつバイトがある。

そして、あっさ入りヒット。
f0321433_16402458.jpg
その後も、このぐらいの魚がテンポよく食ってくる。
どうやらセイゴ,フッコの群れにあたり、その群れの今夜のアタリパターンを引いたようです。

場所が牡蠣殻だらけの橋脚の間であった為、強引に引きはがすやりとりで
バラシも多く10ヒットほどして3キャッチと不甲斐ない結果に。。。

橋脚の際では、10.6フィートのサーフロッドはちょっと扱いつらいですね。
強引に引き抜抜こうとして途中でフックが外れ、ロッドを2度ほど橋脚に激しくぶつける
ロッド折りそうで怖い状況でした。
オープンエリアでの大物を狙う釣りを想定していただけに、タックルがあっていない。

ただ、こんなにがつがつ当たるのは久しぶりでしたので、とても楽しめました。

ラビット
釣れるルアーだと思いますがあまり人気無いのでしょうかね。
新品で売っている事はあまり見かけません。
私の好きなTKLM90、TKRP90とのローテーションにピッタリハマるので出番が多いです。
キャスト時にウエイトがカツーンとする音で何投げているかわかってしまいそうなローテーションですよね。
f0321433_16593223.jpg
そして、このところ毎回バイトがあるアガケ120
その飛距離は、今時の引き波系ルアーの中ではかなり上位であると私は思います。
BKRP、BOOTS、AGAKEのローテーションも今シーズンの定番になりそうな気がする。

次回はAGAKEでキャッチしたいですねぇ。















[PR]
現時点では潮周りが最高とは言えないタイミングでしか釣行できない状況
なので今回も若潮の下げっぱな・・・
だるーい流れのタイミング


だが、
しかし

到着後3投目で流し込んだBKRP115がバフォっと吸い込まれた。
トップはやる気のある魚がいる時は、すぐに結果が出る
この魚で秋のシーズンインを実感しました。


ルアー釣りは最初の数投が一番気合いが入りますので、
集中力が高い状況で視覚、聴覚、手元に伝わる
バイトの衝撃がめちゃくちゃ気持ちよすぎる。

これが誰しもトップルアーにハマる理由かと思います。

鱸にはちょっと届かないですが、
太さがありなかなかのファイターでした。


f0321433_16404114.jpg
ヒットルアーは、補修したBKRPです。

今シーズンは研ぎ潰すまで使ったフックを、がまかつフックに交換し
バラシ対策としてリアフックに大きめのジギングフックを装着
フックが踊ってフロントフックに絡まないようにパケを付けてみました。


f0321433_16404619.jpg
写真は外した後なのであまり伝わらないですが・・・・

今回の魚は真下から吸い込むように食って
最初にベリーのフックにフッキングした後に
リアフックがエラ蓋付近にがっちり刺さったようでした。
その後、フロントフックが外れて胸鰭側に刺さり直した状態

なのでルアーの位置的が悪かった為、魚が重く感じました。
最初のフッキングが悪いと、
このようにファイト中にフックの移動が起きますが、
シングルフックは刺されば移動は無いのが安心な点です。
最初としては良い結果でしたので
今回のフックの組み合わせは効果有りな予感。

下から2番目の子供が絵を描いたルアーで釣りたかったですが、
残念ながら不発・・・

その後、アガケで一発出ましたが、
針先がカスッただけでフッキングに至りませんでした。


後はバラシ対策として、ネットを購入。
ネットで安いオーバル型ネットを買う予定でしたが、
ベリーでさらに安い中古を発見し即購入

今までのネットに比べて
ナイロンが太く目が粗いので癖がつきにくいですし、
折りたたみではないので、そもそも癖がつく要素が無いかもしれまん。
今までの玉網と比較しても大きさの違いは一目瞭然です。


f0321433_16405099.jpg

リーダーも買い置きのフロロが無くなったので
トップメインの釣りに合わせて
よつあみのHigh Grade SHORE LEADER 
6号/25LB ナイロンにしました。

これで備えは十分


今年は、バラシ病にかかりませんように・・・





[PR]
夏の終わりごろに魚を見失ってからだいぶたちますが

涼しくなってきましたので、
久しぶりに長靴プチウェーディング釣行

以前に、この時期に83センチの鱸の出た場所

今年はずっと浚渫工事をしていたので地形変化が気になっていた場所です。
この場所はオープンエリアなのでマンションの作る明暗や川底の地形変化がとても重要な要素なのです。


シャローにはイナッコが結構います。
ざわつく様子はあまりない。


結局、鯉をスレで2尾掛けて終了でした。

あいかわらず、ここらの鯉は太く重たかったです。



f0321433_08412494.jpg

そろそろ夜トップ本番シーズンですね。



[PR]
息子達と同じぐらいのころ、夏になると父とハゼ釣りに東京湾へ行っていました。
今はもう当時からは想像もできないくらい風景は変わってしまいましたが、
安全で釣りやすい場所も増えましたね。

13号地や城南島などまだ荒地だったころの話ですが、
路上駐車して金網の隙間を抜け草をかき分け釣り場に向かう。
そんな事が多かった思い出がある。

今回は息子達の初ハゼ釣りですので、9月上旬ならまだハゼは足元で釣れると思い京浜運河に面した「はぜつき磯」にしました。

手竿でのハゼ釣りです。
餌は、前日にスーパーで買った、ベビーホタテとバナメイエビ。


虫エサではないので子供たちも自分でつけられるので非常に楽です。
2時間ほどで3人でこれだけ釣れました。9~10センチほどです。

ハゼは水を少な目でキープすると元気だよと、散歩中のおじいさんに教わりさっそく実践すると家に帰ってもこのとおり元気でした。
f0321433_08411721.jpg
息子たちが自分で餌を付けて、魚を掛けて、針を外してまた釣る。
夢中で釣っていました。

私も父の形見の竿で久しぶりのハゼ釣りを楽しみました。
竿はだいぶくたびれていますが、十分使えます。
f0321433_08410871.jpg

そして、釣った魚は食べる。
これも体験させたかった事です。
f0321433_08412041.jpg
ハゼの唐揚げ久しぶりに食べましたが、旨かったです。



[PR]
最近、詰め放題ばかりのログですが、
先週二子玉川の花火が中止になった夜
雷も遠のきましたので、様子見に鶴見川に行ってきました。

多摩川に比べて増水の影響が短時間で終息しますので、
そのタイミングを見計らうように出撃

やはり、流芯は流れが早いですが、シャローにはベイトがわんさか溜まっている。

岸際でナマズが時々ガボっと出ているので状況はかなり良い様子。

時折、シーバスの捕食音も聞こえるので釣れそうな雰囲気

濁りが厳しいのでパールチャートをメインでローテーションする。

結局、ラビットに1バイトあったがのらずに終わり。

増水パターンは年に数度しか行けないだけに残念な夜でした。
腕が未熟すぎますね。




f0321433_20564291.jpg
この川で鱸を追いかけだしたころ、この川で一番釣れる色はなんですか?
とか聞いたら、この色を挙げる人がお店の店員にも釣り人にも多かった気がする。
今ではとても懐かしい思い出ですが、この色は個人的にもかなり好きです。
好きなルアーではかならず持っている色ですね。

今は中古がメインですので色にそれほどこだわってはいないですが、
、新品で買うなら結局パールチャートかボラ系を買ってしまう。
この色があったらかなりの確率でリアクションバイトしてしまう。

ルアーの色は魚よりも人をひき付ける力が強いですよね




[PR]
ラインが痛んできたので、久しぶりにラインを交換しました。

ラインを新しいものに変える時は結構神経質になりますよね。
以前使っていたヴァリアントPEは、その価格からかなり期待したが、
私には会わずトラブルが多かったです。
おそらくバリアントPEと同じメーカー製と思いますのですごく悩みました。
でも価格がかなり安い事もあり、お試しもかねて
G-soul X8 Upgrade PEの1号。

使った印象

すごく良い。 

強度も高く、FGノットも作りやすい。

ネットでの評判が良いのも理解できる気がしました。

かなり気に入ってしまいましたので、、
ライトタックルがメインとなる季節のラインには当分これになりそうです。

f0321433_12174713.jpg











[PR]
この頃は、釣行数が少し減っていますが
安心して下さい。もちろん行っていますよ。(古い・・)
ちいサイズですが夜トップで仕事の疲れをいやしています。

トップと言っても水面爆発するのではなく、水面直下で真下から吸い込むような食い方なので前のフックの針先には気を配っておく必要がありますね。

フックに関しては過去に秋のハイシーズンに失敗しています。
そんな訳でリップルポッパーは前のフックが特に重要だと思います。

f0321433_16121905.jpg
f0321433_16122440.jpg
なんだか、この頃はこの赤金がやたらと反応が良いような気がする。
フックはすべて違うサイズなので微妙に浮力が違っているのですが、その微妙な違いでしょうかね?
似たようなルアーですが写真のうち2本はシンキングです。
一番上のやつは中古で見つけた200円の謎のシンキングポッパーです。
アイルマグネットSBにそっくりですが、こんな小さいのあるんですかね?。
シンキングの割にかなり水面へのアピールが高いです。


f0321433_16122701.jpg
さて先週ですが、川崎市に大雨が降りましたので、
水位を情報でチェックしながら鶴見川へ行ってきました。
小雨が降っていますので雨装備です。

経験上雨後の増水は、かなり良い状況になる事が多いので、今回もそれに期待しての釣行です。

ポイントにつくと流心は早い流れになっており、上流から流されてくるゴミけっこうな速さで流れている。
さらに普段とは違う位置に反転流ができ、巻き返しで流れが緩んだ場所にイナッコが大量に溜まっている。
雰囲気はかなり良い状況であるが、時折水面を爆発させているのはナマズっぽい様子でした。

2時間ほど粘りましたが、FVMにナマズが一度バイトしただけでした。
それもズリあげ時にフックが外れてそのままリリースとなりました。








[PR]
待ちに待った 梅雨
さっそく夜トップを満喫してきました。

やっぱりTKRP90は欠かせない

f0321433_22574518.jpg
f0321433_22574587.jpg
f0321433_22574513.jpg
風があり水面が波立っているときはポッパー系が断然反応が良い気がします。

f0321433_22574590.jpg
バイブレーションのリフト&フォールで鯉を立て続けに2尾掛けて
腕がパンパンです




[PR]
先日の多摩川探索で得た情報をもとに

朝マズメの状態を確認してきました。


瀬の手前をTKP90を流しているとガボンと出ました


良いサイズのナマズ

f0321433_22354199.jpg


本命ではありませんでしたがトップでの釣果はかなり楽しい。


その後パコーンというフッコっぽい捕食音が一度ありましたが
それっきり。

懲りずに翌朝も行きましたが、
本日はバスがボイルしているようでした。







[PR]