<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

修理したロッドで早速実釣してきました。
今回は開拓中の多摩川河口ではない。
毎年秋のシーズンに通い詰めてる慣れた場所。

橋脚狙いでウェーディングをする。

しばらくするとルアーに違和感が・・・
軽く合わせると何かに引っかかっている感じだが生命感を感じる。

よくよく見ると橋脚付近の橋の上に竿先が見える。

まじか・・・おまつりじゃない。

この場所では橋の上から釣る人を度々見ますが、
下に人がいるか確認して欲しい・・・
そもそも橋の上からの釣りはNGでしょう。

声をかけても橋の下からでは聴こえないのか無反応。

向こうも糸を引くので、
とりあえずこちらのラインを緩めて外してもうらう事にする。
しばらくして私のルアーが橋の上に消えて後、
フッっとラインが軽くなった。

リーダーの真ん中あたりをカットされルアーを持っていかれた!!

まじか?!

年末に好調だったRabit90を持って行かれました。
信じられない行動に唖然として、しばらく動揺し立ち尽くす。
常識も何もない酷すぎる行動ですね。

その後も橋の上から投げているのが見えるので
とても穏やかな気持ちで釣りができる状況ではない。

なので下流側に移動する。

潮が上げに入るころ、
CUTVIB55で底をスローに引くとガツンとバイト。

修理したロッドでのキャスト&ファイト共に違和感もなく使えました。

後味悪い釣行になりそうでしたが、最期にこのフッコに救われました。

f0321433_13513454.jpg














[PR]