土曜日夜のタイドグラフをまったく違う日の大潮の日と見間違えて出撃しました。

この夜は上流から下流へ向けての風がすごい。

その影響で表層が強く流れている。
なので、かなり強く下げていると思い込みポイントに入る。

バチもベイトも見えないですけど、バチルアーをローテーションしてみる。
前回はバチ用ルアーをあまり持っていなかったが、今回はバチ抜けを意識したルアーを持ってきている。

そして、何もないまま1時間後にまったく潮が下げないことに気付く。

なんか表層から下は流れていないなぁと思ったら・・・

そして何もないまま終了でした。

f0321433_22014941.jpg


日曜日は息子がデュアスロンに参加するので
東扇島に行ってきました。

ここも風がすごい

f0321433_22015754.jpg
とにかく
風がすごい週末でした。





[PR]
この時期の巻き物といえばコレ

f0321433_11262406.jpg
恵方巻

今年は休日ですので私が巻きました。


f0321433_11263030.jpg
食べ盛りですので・・・


手前がかぶりつき用です。
f0321433_11263372.jpg
巻き物を切るの時重要なポイントは、
断面の見た目は言うまでもありませんが、
大切なのは高さを均一にすること。
と、
昔よく言われた記憶が蘇りました。


さて、お腹もいっぱいになったので

夜の釣行へと・・・

下げ7部ぐらいでポイント到着

そして水位の下がった足元を見ると

おお、抜けてる!!

f0321433_11261932.jpg

写真では数が伝わらないですが、
常に視界に数匹が目に入る程度に
10センチから18センチほどのサイズのバチが抜けていました。


下げ止まりまでバチは見えていましたが水面にはライズもなく静かでした。
結局、魚の気配は感じられないまま終了。

魚はお留守?

バチの釣りはそんなにしたことありませんので
かなり苦手なんですよね・・・・


次回にリベンジしたいと思います。







[PR]
数年前から探していたルアーがありました。
近畿の方のルアーメーカーなので、
一度も現物を見たことが無い。

そんなレアな一品。


いつか中古で見つけたら欲しいなぁ
と思っていたルアー

f0321433_21300816.jpg
お正月のセールのタイミングで出会ってしまいました。
ランブルベイト
ハウレイ

河川で使いたいのでサイズ的には
インジェクションモデルで良かったのですが

これはウッド製

かなり高額で貴重なルアーです。

定価で買ってしまうとビビッて使えないですが

中古かつ年始のセールでしたので
定価の半額以下でゲットできました。

しかし

出番はだいぶ先となりそうですねぇ






[PR]
厳しい季節
ベイトの気配は無いが

とりあえずこの時期の定番として名高い
エリア10を投げ続けると
ググッとバイトがある

掛かったのはセイゴ・・・

結局は、この1尾で終わりでした。


ベイトは何か?

流れに乗せて流したら食ってきたけど、全然わからない・・・


再現性の無い交通事故のような釣果でした。


f0321433_21301154.jpg

[PR]
年末は仕事で釣り納めもできないままでした。

元旦は飲んで寝てしまいましたので
釣り初めは2日。


夜の潮位がマイナスになるほど下げる大潮後半
今こそウェーディングスタッフで調査するチャンス


今まで行けなかった牡蠣殻瀬のさらに先に行ける事が確認できました。

以前がつがつアタリのあった場所にもかなりの地形変化があり
その変化に魚がついていたのだという事が確認できた。
まるで答えを再確認するような感覚。

ここから先は水深が深く泥底なので進めない。

おそらく歩いていける一番岸から遠い位置の牡蠣殻瀬の上に立つ


この牡蠣殻瀬にルアーが沢山引っかかっていました。
それらを拾いつつルアーを投げるもアタリは無し





f0321433_20541826.jpg
ルアーは沢山ひろったけど釣果は無し
当分魚を見れそうな気がしないなぁ。



[PR]

今シーズンにやりたい事がまだある。


普段ウェーディングしているポイントでは岸から1個目と2個目の橋脚の中間地点ぐらいまでしか行けないが、実は2個目の橋脚まで行けるらしい。

他の釣り人にもそのルートを聞いたのだが、
ルートとなる夜の橋の下は真っ暗なのでかなり恐ろしい
急に深くなったり、そこ無しの泥底だったらかなりやばい事になる。
だが、潮が大きく下げるこの季節からが、その道を切り開く絶好のタイミングである。

だけど、あと一歩が踏み出せない場所がある。

この未開の道を切り開くには安全確保の為の装備が必要ですね。

ウェーディングスタッフほしい・・・

買うとお高いですし、
ルート開拓用の一時的な装備なので頻繁に使う訳ではありません。

なので、適当に作る事にしました。

そんなある日、ベリーでヘラ竿置きを54円で発見。

色は和竿カラーですが素材はアルミのような感じです。
長さは90センチほどですが、中をスライドし約2倍の長さに伸ばす事ができます。
f0321433_16490978.jpg

①先端がしっかりしておりステンレスっぽい素材ですので川底をガシガシつつけそうです。

f0321433_16495731.jpg


②先端のY字に開く竿掛け部分は不要なのでもぎ取る。
③和竿カラーは一目瞭然なのでスプレーでシルバーに塗装する。
④金具にD管を通してスレッドで固定する。
⑤スレッドは100均のエポキシで固める。
⑥D管にマグネットリリーサーを取り付ける。
f0321433_16500838.jpg

⑦拾った浮子類でこのような部品を作成する。
f0321433_16501495.jpg

⑧作成したものを目印浮子として取り付ける。
これで倒れて沈んでも見つけやすいはず。
  実際にどの程度浮くのか不明です。

f0321433_16501916.jpg

⑨出来上がり。
と思ったけど無くさない為なら、もっと良い方法があると気づく。

カラビナをライフジャケットに付けておけば無くなりませんね。
浮子はボツですねぇ。
f0321433_17520452.jpg
いざ行きますか~




[PR]