朝マズメ狙いで河川に行ってきました。

久しぶりに、ボロボロの後味の悪い日でした
 
ポイントにつき先行者はいない事を確認しタックル準備しようとして、スプールを落とす・・・・

開始前から、心がポキッっといきそうな状態。
修理してそれほど経っていないのにARCリングがベッコリ。
f0321433_22470995.jpg
スピニングリールのこの位置のダメージは致命的

やめれればよいのに
水面に小型ですが捕食音が聞こえる状態では帰るに帰れん!!
時合いも近いので無理やり釣ってみたら・・・

リングのエッジにラインが引っかかって、はげしく絡まる・・・・
40mちかくロスト・・・・あ~ぁ
ヴァリアントPEがぁぁぁぁ

うわぁ~ん

うそだろぉ・・・・・・
f0321433_22471646.jpg

痛い。。痛すぎる
こんな激しい絡まりはPEラインを初めて使った頃ぐらい・・・

私はこの場所は先行者がいたら入らない
そんな小さなポイントなのですが、
後から来た釣り人はライントラブルの私を横目に目の前にどんどん投げるし・・・・
こんな日は一声掛けてくれれば気持ちよく譲るのに・・・

いろいろな意味で、心がポキッといきました。



そして







とりあえず修理はしてみました。
ヤスリでゴリゴリ削って、磨くだけ。
ほぼ頂き物のリールなのでワイルドに修理
アルミは加工が容易で助かりますね。
一応段差は消えた。
とりあえずは使えそうですがトラウマになりましたので、
しばらくは元の05バイオマスター2500を使う事にしました。
f0321433_22471670.jpg












[PR]
この時期の私の定番といえばサクラにまみれるナマズ・・・
散った桜の中でマイクロベイトを追い回すのを狙う、水面夜桜のサイトのいやされる釣り



定番のポイントに行ってみると、
少ないながらもガボっとやってましたが、なかなか掛けられず・・

このマイクロベイトにはセイゴやフッコもつく事が多いがなかなか難しい



マイクロベイトについてるナマズとセイゴを両方狙うルアーとしてオススメなのがこれ
f0321433_23102473.jpg

デプスレス・・・・改(プロップ)
アクションはナマズルアーより控えめです。

このルアー、リアのアイがねじ込み式なんですよね。
8管が普通になっている最近のシーバスルアーにおいては珍しいと思います。
このサイズにARCシステムを搭載した影響なのでしょうかね?
ですが、この仕様にすると飛距離が恐ろしくダウンします・・・

ARCシステム搭載のプロップは、今のところ無いのでプロップとしては飛ぶのかも?!
フローティングで表層をネチネチやる為のポイントは薄めのペラを使うことです。
分厚かったり、大きいとシンキングになり、水面をパチャつくマイクロベイト波動が出せません。
この波動でマイクロベイトに突撃して、ベイトをザワつかせると魚のスイッチ入ると思います。
f0321433_23194408.jpg

こんな釣果を期待しましたが・・・今回は不発(写真は過去の釣果です。)

 
 
結局RBで30ぐらいを1尾掛けて終了。
バチのタイミングで行けない私にはこの時期は難しい釣りの季節です

f0321433_23223995.jpg





[PR]
だいぶ前ですが
だいぶダメージのあるアルテグラを入手していました。

10アルテグラアドバンスC3000HG
ハイギヤモデルの先駆け機種ですかね?

ARCスプールのエッジは置き傷でガリガリ・・・
ハンドルを回すと、コツコツする

ARCスプールはヤスリで削ってコンパウンドで研磨
だいぶ削ったのでリングのゴールドはだいぶはげてしまった。

ボディはばらしてパーツクリーナーで洗浄
メインギアにシムを追加
グリスアップし何度か組みなおして、コツコツ感はだいぶ軽減した。
余っていたベアリングをハンドル部に1個追加し2BB化

f0321433_23034496.jpg
あとは、ラインロ-ラーを少し良くしたいなぁ・・・と思うけど
先日、ちょっと使ってみたら、このままでも十分使えますね。

ラインはヴァリアントPE 1号を下巻きの上に巻いてみました。
トラブルが少ない気がするのでスプールギリギリに巻かないのが私の好みです。

05バイオマスター2500といい、
古いリールがこの時期の私のメインタックルですが
河川での鱸釣りならメンテナンスする事で十分に使えてます。









[PR]
夜カープといいても、








コイの夜釣りではない

















この時期は、異動も多く何かと飲み会が多かったりしますね

今日の壮行会は

Big-Pig 神田カープ本店


昨日の勝利のサービスとしてご当地限定の
チューハイを頂きましたよ

f0321433_23034623.jpg
お好み焼きやイか焼きピリ辛広島菜漬けなどがっつり食った夜でした。
出身者におこられてしまうかもしれませんが
広島菜と高菜の違いがわかりませんでした。
けど美味しかったです。



[PR]
マルタ狙いで使ったシンクティップもボロボロでしたので
久しぶりに作り足しました。

自作シンクティップのスペックは
フローティングライン先端に接続する
40~60センチほどのスーパーヘビーなヘッドです。

速い瀬の流芯の底にすばやく入るような使い方を想定しています。
管理釣堀で使う場合は、魚の棚が底すれすれの場合ぐらいですかね。
他の用途ではあまり出番無いのですが・・・

材料
ルアーのアシストフックを作ったりするダイニーマ
※芯線を抜いて使用するタイプのもの
f0321433_22032898.jpg
とか強化チューブとか
f0321433_22032884.jpg
あとは糸錘
f0321433_22032837.jpg
錘をダイニーマや強化チューブに通します。
スルスルは入らないですが、チマチマやれば入っていきます。
f0321433_22032811.jpg
そんでもって両端は、ループ処理してループの根元をシュリンクパイプで補強する

f0321433_22032808.jpg
完成です
f0321433_22032885.jpg

今までは、フライのブレイテッドラインを使用したりしていましたが、
編みこみが粗いものでした。
比較的編みこみが細かいこれらの方が、中の錘が飛び出しにくいです。
今後の課題は、中の錘とチューブをより一体化させたい部分ですね。
ダイニーマは熱に弱いですが、熱するとやや溶けて溶着する感じになりますが
強度面で少し不安になります。
なにか良い方法があればいいのですが。










[PR]
WEBでも見れるし
最近は有料だったりと
何かと見る機会の減ったカタログですけど

Fujiのカタログはなかなか良いですね。
f0321433_23181181.jpg
ガイドセッティングやラインの絞込み角度などマニアにはたまらない拘りが満載
分厚く読み応えも十分あります。
しかし、傾斜フレーム第4世代のRVガイドは高いっすねぇ 
1個で短い竿のガイドセット買えるほど・・・
かっこよいけど手が出ませんねぇ
なんだか、久しぶりのロッドメイキングとかしたくなってきました。





[PR]